40代主婦がBLにはまりました

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようからおやすみまで【梶ヶ谷ミチル先生】


今日から、また、新しい一週間が始まります!!

みなさん、お元気ですかー?

わたしは、花粉症の季節がやってきたみたいで、目のかゆみと頭痛が酷くって、つらいです・・・涙

今年は、まだ、鼻水の症状は軽いんだけど、それがひどくなって、薬が手放せなくなるのも、時間の問題でしょう・・・(;´д`)トホホ…

ああ・・・・つらい季節がやってくるな・・・と、朝から、憂鬱~・・・気が滅入る~・・・

本日のレビューは、紙書籍で買ったものの、レビューが書きづらいと、レビューを後回しにしていた作品「おはようからおやすみまで」です!!

書きづらいなりに、なんとか、記事にしてみました!!

では、行ってみましょう!!

あらすじ&試し読み


あらすじ
若オス系彼氏・沢木×地味系メガネ男子・水谷 高校時代から2年間、恋人として付き合ってきた沢木と水谷は大学生になり、同居を始めた。
誰にも気兼ねなくいちゃいちゃできて、朝起きたら、隣に相手がいる。そんな暮らしに幸せを噛みしめていた2人。しかし新しいバイトや友人関係…。すれ違いが生まれ、酔った水谷はバイト先の先輩・古屋を沢木と勘違いして部屋に連れ込んでしまい―? 新展開に心ざわめく同棲カップルストーリー 




大学デビューで、「ラブラブカップル」が危ぶまれる!! 


私の大好きな作品である「放課後の不純」でくっついたふたりのその後のストーリーです(*^^*)

「放課後の不純」は、攻めが執着気質で、受けが流され系で、でも、しっかり、ラブラブで、高校生らしい不器用さも初々しいBLコミックなんですよ。

今作は、そんな初々しいカップルだった、ふたりが、大学生になったのを機に、同棲しちゃうってストーリーなのです。

親の目を気にする必要もなくなり、窮屈だった制服を脱ぎ捨てちゃって、もう、自由で楽しいラブライフへ突入~!!

このカップルは、お互いが「スキスキ」って感じなので、まさに、蜜月なんですが、もともと、体育会系で友達も多かった明るい攻めと、ちょっとコミュ障ぎみの内向的な受けは、ちょっとずつ、ズレができてきてしまうんですね。

でも、お互い、浮かれているわけじゃないですか!!

そんな、些細な事ぐらい~・・・って、思っていたら、受けがバイト先で酔っ払っちゃって、バイト先のセンパイと、攻めを間違えて、よからぬ方へと、展開しそうになっちゃって・・・・

腐女子大好きな、嫉妬イベントに突入です!!笑!!

そういや、この攻めは、高校生の時から、受けのことが、大好きすぎて、よく、嫉妬イベント起こしてた!!笑!!

多少、年を重ねても、攻め人間の本質って変わりませんよね!!



受けも悪いが、攻めの心狭さに、ちょっと、イラッとしちゃった・・・ 


この作品、レビュー書くのが、難しいなって思ったのは、攻めが、嫉妬して出ていっちゃうんですけど、その後、受けから距離を置いちゃうんですよね・・・

攻めなりに、いろいろ複雑な感情を持て余しちゃったようなんですけど、「無視」は、ダメだと思う~・・・・

いや・・・受けが、100%、悪いんですけどね・・・

100%、悪いんだけど・・・・謝るタイミングをあげない攻めに、「イライラ」したー!!

おせっかい虫のキャラクターのおかげで、無事、仲直りしましたが、攻めは、自分の恋人が、無自覚なフェロモン垂れ流し系な子って、自覚しなきゃダメだよー・・・

攻めは、自分がグイグイいくから、受けが答えてくれているって、ちょっと、疲れちゃった部分もあったみたいだけど、最後には、ほしかった「好き」って言葉を受けからもらえてた!!

これからも、ラブラブバカップルでいてください!!



最後にまとめ 


私の梶ヶ谷ミチル先生作品の好きなポイントって、心狭い受けに夢中な執着質な攻めと、フェロモン垂れ流し系の魅力ある受けが、誤解したり、すれ違ったりしながらも、仲良しさん♪ってところなんですよね・・・

受けにも、いろいろ悪いところがあったり、足りない部分があっても、その「不十分」な部分を攻めが「執着」という愛でカバーするって流れが好きなんですよ。

今作は、攻めの執着が、それほど、見れなかったのが、ちょっと、物足りなかったかな?

梶ヶ谷ミチル先生の描くエロは、激しい描写じゃないけど、どこか、色っぽくて、その部分は、楽しめたんですけどね!!

次回作に、期待したいです(*^^*)


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。