40代主婦がBLにはまりました

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センチメンタル・ロデオ【SILVA先生】


20170206.jpg

Renta!さん、BL殿堂入りだと?!と、本屋で帯買いしちゃいましたよ・・・(笑)

尻を鷲掴みしている表紙が、エロいですよね・・・



裏表紙はこういう感じです。
20170206-3.jpg

うわー・・・官能小説ばりの煽りだったわー・・・

レジに持っていくまで気づかなんだったー笑!!

中身は、ピュア寄り肌色率高い作品でした。

では、レビューに行ってみましょう!!

あらすじ&試し読み


あらすじ
ゲイAVナンバーワン俳優・煌(コウ)は、自身にとって相棒のような存在のカメラマン・長瀬への伝えられない想いを心に秘めていた。
煌はゲイで、長瀬はノンケ。その隔たりが煌にとってはもどかしく、胸が押し潰されそうな感情ばかりが積もっていく。それはやがて煌を、レンズ越しに自身のプレイを見つめる長瀬との妄想へと導いた――……

美麗な絵と切ないストーリーが話題となり好評価レビューが殺到した本作が、ついに待望のコミックス化!!




倒錯的なせつないエロプレイ


Renta」!さんで、バラ売りしているのを見かけていたんですけど(第一話だけ、読んだ)、これ、Rentaさん限定の描き下ろし作品だったんですかね?

他社の、電子書籍ストアでは、(現時点では)見当たりませんでした?

各電子ストア限定の描き下ろし作品があるのかな?

電子ストアも他社との差別化が大変ですね。

さて、中身の方は、ゲイAVナンバーワン俳優の煌(受け)は、自分の専属カメラマンの長瀬に片思いをしていて、長瀬に抱かれていると思いながら、カメラの前で他の男に抱かれているというなんとも、倒錯的な感じのプレイ物です。

エロ重視であれば、かなりエロエロな設定だと思うんですが、長瀬に片思いをしているという部分は、純粋に描かれていて、肌色率は高いが、どこか切なさもある作品に仕上がっています。

長瀬も、カメラを回しながら、煌の自分に対する思いに気づいていて、ノンケなので、かなり葛藤しているんですけど、中盤、煌といい雰囲気になった時、長瀬のブツは反応を示さず、煌が改めて、長瀬がノンケだからと諦めようというシーンがあります。

BLワールドとしては、ノンケであろうと、魅力ある肌色率の高い受けには、ムラムラくるのが日常なんですが、まあ、これが、ノンケの当たり前の反応ですよね・・・

ゲイがノンケに恋に落ちる難しさも描いてくれてる感じです。

煌は、家族にゲイであることを認めてもらえないという寂しさを抱えていて、長瀬も、過去のトラウマを抱えて生きていて、そういう、寂しい者同士惹かれあって、相手がノンケであることも乗り越えてって感じの作品です。



お仕事エロと本命エロは、別物だよね


ゲイビの世界が舞台なので、肌色率が高い作品となっています。

受けも様々なオトコと交わっていますし、汁感も多め。受けが自分を解す大胆な描写や、長瀬のカメラ目線を感じながら、ソロプレイするなど、腐女子歓喜の描写もてんこもり!!

ただ、お仕事としてプレイを描かれてるシーンは、本命とのエロと比べると、肌色率は一緒なのに、やっぱり、エロさが別物になるかな?って思う

セリフで言う「好き」と、本気で言う「好き」の破壊力も違うしね・・・

エロのお仕事は、体を張ってる分、大変なんだなって思った。

やっぱり、エロは、好きな人とやるのが一番だよね・・・


最後にまとめ


無事、ふたりがくっついてから、「え?それはないでしょ?」と、夢見る乙女属性の腐女子が望まない流れが描かれています・・・

アンハピってわけじゃないんですけどね・・・

夢見る乙女属性の腐女子は、ラブラブでENDを迎えてほしいのですが、そのラブラブは、しばらくの間、我慢しようねって感じのENDです。

これは、受けが、家族からの理解を得たくて、ゲイビの世界に入って、てっぺんを目指しているから、こういうラストにしたのかな?

ちょっと、そこが、わたし的には、残念でしたね・・・

片思い期間が長い分、糖度高めのラストがほしかったです。

殿堂入りするのも納得の肌色率の高い作品でした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。