40代主婦がBLにはまりました

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ましたの腐男子くん 1巻」2/14までレンタ!にて1チケ中!!

20170201.jpg
わたしの大好きな「ましたの腐男子くん」の2巻の電子配信がRenta!さんでスタートしました!!

この作品、わたし的に、腐女子として大きなターニングポイントになった作品なんですよねーしみじみ・・・

たしか、本屋さんで見た帯に惹かれ、フラフラ買った記憶があります!笑!!

2巻配信記念(?)なのでしょうか?

「ましたの腐男子くん」の1巻が、期間限定で1チケ中です!!

ぜひ、1チケ中に、たくさんの方に読んでほしくて改めてレビュー書いちゃいます!!

あらすじ&試し読み




地味で内気なサラリーマン・曽我部は会社から遠く離れたアパートに住んでいる。理由はただ一つ。階下に住む大家の孫・幹に一目惚れ&片想いしているからだ。毎朝、挨拶できるだけで幸せ……のはずだったが、ひょんなことから幹の部屋に入ると、そこにはボーイズラブコミックの山・山・山……なんと幹は「腐男子」だった! しかも曽我部を腐仲間と勘違いした幹にぐぐっと距離を詰められて───

ノンケ腐男子くん×純情うぶな童貞リーマンのモジモジ妄想ラブ!


ましたの腐男子くん

ましたの腐男子くん





この作品のここがオススメ!!


ゲイで内弁慶な主人公のサラリーマンの曽我部くん

住んでいるアパートの大家の孫の幹に一目惚れしちゃったものの、見ているだけで精一杯!!

しかし、出会って一年目にして、大家(幹)の部屋に入ることができ、そこで知った事実は、幹がBLコミックや薄い本を集めちゃう腐男子だということ!!

幹は、曽我部くんのことを自分と同じ腐男子だと勘違いをし「リアルな仲間」として大喜びして、自分の萌え描写を語ったり、同人誌即売会へと連れ出したりとウキウキ!!

でも、曽我部くんと一緒に過ごす内に、内気ですぐ真っ赤になっちゃうかわいらしい曽我部くんとなら、そういうことが有りだなって思い始めちゃうんですよね!

このコミックの面白さは、攻めの脳内が、常に、腐女子同様の妄想でいっぱいだったり、ノンケなのに腐男子フィルターで曽我部くんを見ちゃったり、BLあるあるの知識があるゆえにいろいろ変換しちゃって攻めが大変なことになっているところ!!

改めておつきあいできることになって、奥手でキス以上のことができない曽我部さんのブツを攻めが妄想するんですが、どう妄想しても、BLコミックの白ヌキ描写止まりで、直接本人に「見せてほしい」と相談しちゃう直球さも面白いんですよねー!!

全体的にコミカル寄り!!

深いBLとはいい難いけど、腐女子として、かなり楽しめるコミックなんです!!


1巻はキス止まり!!涙!!


腐男子として、ノンケなのに、男同士のエロにも興味津々の攻めに対し、この上なくウブなゲイの曽我部さん

そんじょそこらの女子よりも、ピュア度が高いから、それゆえ、ガツガツ好奇心旺盛の攻めなのに、なかなか、進展しません!!

そういうわけで、1巻は、キス止まりで終了!!

はああああ!!!ここで、終了やてー!!煽るだけ煽っといて、どういうこっちゃねん!!って思った腐女子の叫びが編集部に届いたのか、ふたりの関係は2巻へと続きます!!

2巻では、少女のようにウブな曽我部さんと、すったもんだしながらも、ちゃんと、最後まで、致しております!!

初心者同士らしい初々しい感じのエロで、とても、好感がもてる感じとなっています(*^^*)

あと、攻めが、自分の思い描いていた初夜が迎えられず撃沈しているのが、サイコーに笑えるんですよね!!(・∀・)ニヤニヤ

読むなら、1.2巻合わせて読んだほうがいい作品ですね!!


私の、ターニングポイントとなる作品でした!!


今でも、BLコミックを読んで、ブツが揺れる描写を見ると、この作品のことを、必ず、思い出すんですよねぇ・・・わたし・・・

この作品を読むまで、そこまで局部描写に関しては、あまり、重きを置いてなかったんですけど、受けのブツが揺れるか揺れないのかという視点を知り、自分が知らなかったBLのエロ角度なるものを思い知ったんですよねー・・・しみじみ・・・

ちなみに、「揺れる、揺れない」で萌えを語ってくれたのは、こちらの主人公の攻め幹くんですよ。うふ。

しかし、そこまで煽っといて、このコミックでは、ブツが揺れる描写はないんですよねー・・・

そこは、ヒッジョーに残念でしたよねー・・・

まあ、そのブツが揺れる描写は、先生の別作品で確認ができますので、そちらでチェックしてほしいです!!

あれ?電子でも、描写が入っているのかな・・・ドキドキ・・・・

えっと、紙書籍の方は、バッチリだったんですが・・・

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。