40代主婦がBLにはまりました

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災厄は僕を好きすぎる 5巻【二宮悦巳:原作/神奈木智】



大好きな「厄災は僕を好きすぎる 5巻」の取扱が、レンタ!さんで昨日よりスタートしています!!

レビューを書くタイミングを失っていて、6巻の発売に合わせて、一気にレビューを書こうと思っていた作品なんです。

6巻の発売が今月なので、それに合わせての配信なんですかね?

1~4巻のレビューは、また、機会があれば、後日にでもアップしたいと思っていますが、とりあえず、配信スタートした5巻のレビューをアップしたいと思います!!
あらすじ&試し読み
あらすじ
男らしいことに大きな憧れを持ちながらも、美少年ヤンキーに成長した星。
美貌にはますます磨きがかかるものの、本人は相変わらず、その自覚はない。
隣に住む土佐山田家の狂犬兄弟の弟・顕に恋心を抱いていたが、
ホモ嫌いの顕に気持ちがばれないよう必死だ。
それなのに、キスされて!!?
無愛想で無口な顕と、意地っ張りな星。
ふたりの恋はますますこじれて★



試し読みチェック!!
災厄は僕を好きすぎる(5)

災厄は僕を好きすぎる(5)



・ebooksjapanで読む




かんたんに設定紹介!


そもそも、5巻はいつ発売されったかっていうと・・・・2015年9月・・・

1年以上前に発売され、電子化に一年以上もかかってるってことです・・・

実は、わたし、BLにはまった当初、「面白い」というクチコミを眺めつつも、なかなか、触手が伸びなかった作品なんですね

なんで、ついつい、後回しになっちゃったかというと、「あらすじ」を読んでも、ストーリーが想像できなかったからなんですね・・・(汗)

このコミックは、ご先祖様の残した因縁で結ばれた神楽育実と、一条千隼のふたりが、18歳になるまでひと月に一度、12の災厄に見舞われるというファンタジー要素のある作品です・・・

そして、災厄に見舞われるのは神楽育実ひとりのみで、神楽育実が背負った傷は、すべて、一条千隼に降りかかるという運命共同体のふたりが、ゲームを攻略するがごとく、ひとつずつ災厄をクリアしていくって内容なんですね。

そして、その夢物語のような現実をなかなか育実が受け入れられなかったり、ご先祖様の話を聞いて、育実がようやく受け入れ態勢に入ったら、千隼が育実にドキドキするようになってしまい、逆にふたりの間に距離ができたりと・・・

ストーリーもゆっくりならば、BLのL部分も、えらくスローに進んでいるコミックなんです(*^^*)

良く言えば、「丁寧」に話が進んでて、悪く言えば「じれったすぎる!!」というコミックなんですね。

エロがなければBLじゃないって方には、かなり、物足りない内容なんですが、私のように、空気感だけでも大満足という腐女子には、キュンキュンできる要素はたっぷり詰まっている作品で、1巻を読んだ翌日には、5巻まで大人買いしていました!!うふふ!!

ゲームを攻略するような面白さも楽しめます!!1-4巻も、時間があれば、ぜひ、じっくり語りたい作品です。


5巻のここが面白い!


4冊(1-4巻)かけて、育実(表紙黒髪)にとって、千隼(表紙茶髪)は、なくてはならない大きな存在へと成長していったのですが、それを、面白く思わないのが、育実の兄ポジの小野先生

そもそも、育実が怪我をしないよう守れるのであれば、その役は、千隼でなくてもいいわけです。

だから、小野先生は、「自分が育実を守る」と言い出すんです。

兄のように慕っていた小野の今まで見たことがない顔に、混乱する育実。

育実の様子がおかしいことに気づく千隼は、「小野と何かあったのか?」と問い詰めますが、育実は、小野先生とのことは自分で解決すべきだと、千隼を頼らないんです。

千隼は、そんな育実を見て、小野への嫉妬でメラメラです・・・・

うふふ。ひとりのオトコに、嫉妬している攻めふたりの構図は、ほんま、美味しいですよね!!



ドキドキワクワクの修学旅行は胸キュンとハラハラの連続!!



修学旅行・・・なんて、素敵な響き・・・

しかも、ほぼ両片思いの相手も一緒の修学旅行のときめきと甘酸っぱさは、一生の思い出になること必須だよねー!!きゃーん❤

そんな修学旅行で、みんなの前で「こいつ(育実)独占するから」宣言をする千隼が、かっこよすぎるー!!

でも、育実は自分のボディガードをしててずっと気を張ってる千隼にも、修学旅行を楽しんでほしいなって思っちゃうんだよね。

それで、小野先生の協力もあることだしと、育実と千隼は別行動をすることにするの

まあ・・・それが、とんでもないことになりまして・・・ゴニョゴニョ・・・・

小野先生と千隼のとの戦いの炎は一層、ゴウゴウと燃え盛ってしまいまうことに・・・

オトコの嫉妬は醜い・・・なのに、マンガの中だと、こんなにおもしろいのはなぜでしょうね~笑・・・


最後にまとめ
本当に、発刊そのものがスローなので、やきもきしている読者さまも多いと思われる作品です!!

5巻の最後では、再び、千隼が「災厄が終わるまで育実には触らない」宣言をして、育実を不安にさせていますが、その続きが、気になる所です!!

この記事を書くにあたり、ちょっと、読み返してみたんですが、育実の方は、まだ、千隼への思いは、LIKE以上のLOVE未満って感じだった。

その部分が、どう進展していくかも、楽しみな作品です(*^^*)

関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。