40代主婦がBLにはまりました

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気まぐれなジャガー【ウノハナ先生】



ウノハナ先生の新刊出ました!

紙書籍と同時配信!!レンタ!さんで先行配信となっています!!

8チケの数字に、ギョギョッ!!となっちゃったんですけど、よく見ると、紙書籍も、825円でした!!

ページ数が225ページと、けっこうなボリュームなので、納得のお値段ですね!!

受け(表紙)の子が、むっちゃかわいい気まぐれネコちゃんで、たまらない一冊となっておりますよ!!

あらすじ&試し読み



あらすじ
音楽雑誌の編集者である新の元に、3ヶ月ぶりに椎名が帰って来た。天才ギタリストだが、日本の音楽業界からは半ば引退同然の身。しかし本人は一向に気にせず、自由奔放に国内外を行き来し、長い付き合いの恋人である新のことも放ったらかしだ。その気まぐれさに呆れながらも、戻って来ては自分にべったりと甘えて可愛くエッチを強請る椎名が愛おしい新だが……。

気鋭作家・ウノハナが圧倒的筆力で贈る、ずば抜けた才能への賛美と劣等感、愛情ゆえの自由と束縛、その間で複雑に揺れ動く大人の男たちのアダルティックな恋、待望の第1巻!






根っこの部分で繋がっている恋人同士。受けは、気まぐれなネコちゃん 


バラ売りの1巻(第一話)だけ読んでいたんですけど、この一話では、ふたりの関係が、恋人なのか、セフレなのか、どうも、はっきりしなかったんだよねー・・・あはは・・・(汗)

人気バンドのギタリストだった椎名は、気の向くまま国内外を行ったり来たりしてて、音楽雑誌の編集者である新の元には、会いたいときにしか帰ってこない。

それも、出ていったら、何ヶ月も帰ってこなくて、帰ってきたら、「充電」と称して新の体を貪るように欲するんだよね。

そりゃ、わたしが「セフレか?」って思っても仕方ないよー!!(汗)

しかし、このふたり、ちゃんと、おつきあいしている関係でした!!

離れていても、根っこの部分ががっつり絡まっている恋人同士です(*^^*)

前半、110ページくらいまでが、フラフラと海外に行って、日本の音楽業界から離れていた椎名が、新人バンドのレコーディングにゲスト参加するまでのお話。

椎名のギターにベタ惚れの人間が彼氏の新以外にもたくさんいて、この天才が、再びギターを奏でるのを、ひたすら、待ち続けている人でワチャワチャ賑やかな感じです。

後半は、その椎名が、新の影響でギターをはじめた、椎名、中坊。新、高校生の過去を振り返るという構成になっています。

前半戦が、登場人物の相関図の説明的流れっぽい序章という感じで、後半からが本編って感じですかね?

そのせいもあって、わたし的には、後半から、キュン度がギューーーンとアップしました!!



気まぐれネコの中学生時代の初々しさがたまらん!! 


もう!!この受け!!色気があって、気まぐれで、本能で動いている動物っぽさが、やたらとエロい生き物なんですが、どうしたらいいですかね!?ハアハア

前半の大人ネコちゃんも、積極的に股を開き、攻めに甘えるすばらしい受けちゃんなんですけど、後半は、快楽など知らない初々しい中学生らしく、攻めに世界の中心のように一生懸命懐く姿が、もう、かわいくて・・・かわいくて・・・

攻めのギターを聞いて、ギターに興味を持つ椎名(受け)

攻めは、ギターを覚えたての椎名に一生懸命教えているんですけど、椎名は、天才で、あっという間に、攻めのギターテクを超えていくんですよ。

そこで攻めの心に生まれるのは、焦燥感と嫉妬と羨望という、とても複雑な感情で・・・

同時に、一生懸命、自分に懐いてくるイヌ(この時点では、ネコというより、ワンコだよ!!)みたいな椎名を放っておけない情愛

複雑に絡まる心を整理できずに攻めも苦しむんだけど、最後は、放ってても自分を好きでいてくれる椎名に負けて、キスしちゃうんだよねー・・・

もう!!ここの流れは、ズッキューーーンってきた・・・・

かわいく唇を重ねるキスってところもポイントが高い!!

時間をかけて、初めてのキスから、手コキといって、で・・・・それから・・・・・

初々しく、「本当は、この先もあるんだろう?」と聞く幼い椎名の姿からは、コミック前半の気まぐれネコの姿は連想ができません・・・

どこがどうなって、こんなかわい子ちゃんが、余裕たっぷりの気まぐれなネコちゃんへと変貌したのか、ヒッジョーに気になります!!

続きが・・・・続きが・・・・早く、読みたいです・・・・



最後にまとめ 


ウノハナ先生、12冊めのコミックで、初めて巻を重ねるコミックとなりました!!

前半、すでに根っこ部分でつながったカップルふたりをどう展開させるかわからず、迷子感があったんですけど、後半から、過去を描くことで、「ああ・・・未来にたどり着くまでのふたりの物語を描く」って構成なのかな。と、スッキリしました。

登場人物が、主人公ふたり以外にもゴロゴロ出てくるんですけど、どのキャラクターもしっかり、個性があって、ワチャワチャした感じが、すごく楽しめます。

個人的には、見どころは、気まぐれなネコちゃんの受けですねー!!

大人になってからの淫靡な魅力も素敵ですが、10代の何も知らない無垢さゆえの一途さという破壊力にも倒れそうになりました。

この初々しい受けが、どんな風な道を辿り、大人になっていくのかが、楽しみなBLコミックだと思います。

ウノハナ先生ファン必見のコミックですね!!

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。