40代主婦がBLにはまりました

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発情オオカミ君愛を叫ぶ【碗島子先生】



「理解できない彼とのこと」が面白かったので、これを機に、碗先生の作品を極めて見ることにしました!!

2012年作品です(*^^*)

試し読みの時点で、「理解できない彼とのこと」の攻めに共通するマイペースさを攻めに感じましたが、読んでみると、それ以上に、ヒドい攻めでした(注!!褒めています!!ニヤリ)

では、レビューに行ってみましょう!!笑


あらすじ&試し読み




肉食系社長は意外にカマッテちゃん? 就職難に喘いでいた原智之20歳。雇ってくれるならどんな会社でもいい! と面接を受けたのは人材不足の青木デザイン事務所。採用になったのは嬉しいけれど、「しっかり働かないと、ヤリ捨てちゃうよ?」と社長の青木正嗣に脅しをかけられる。入社早々、前途多難! 変態社長×小動物系ゆとり君の恋の攻防戦はエロ&爆笑必至☆




オオカミにロックオンされたリスの運命は、コントみたいなセックス!!


攻め視点の作品です!!

攻めの愛が暴走し、セクハラの数々にヘンタイプレイ・・・ひたすら目が釘受けになります!!

常人の枠に収まらないパワーが炸裂しているおかしな人物なのに、社長という立場の青木

面接に来た小動物系の青年の原くんに、お砂糖たっぷりの飲み物をぶちかけ、その汚れた姿に、ムラッときて、即採用!!

そして、入社した原くんを見て、マンガの主役には許されないスケベ笑いをし、セクハラ三昧な毎日!!

大好きな原くんとエチしたがため、原くんの好みが「森ガール」と聞けば、暴力レベルのビジュアルの森ガール姿で、迫るという恐ろしさ!!

碗先生のお決まりコースで、受けは、攻めのヘンタイぶり情熱にほだされて、あれよあれよと股を開く羽目になるものの、アナ○にどんぐりを詰めるという、キチクプレイに、心広い受けもドン引きし「コントみたいなセックスー!!」と心で叫んで、どんぐりを投げつけ逃げています・・・

すごいがな・・・

なにゆえ、どんぐりなん?

いや・・・この青木社長、昔、飼っていたリスを可愛がりすぎて懐かなかったという過去がありまして・・・・

いや・・・青木社長の「森ガール」のイメージがどんぐりなんすかね?

いや・・・本当に、読んでて、なにゆえ、どんぐりをアナに詰めたの?って思う・・・

どんぐりの先って、けっこう、とんがってるからさ・・・

受けの大事なところに傷がいかないか心配・・・

それでもって、ハアハアってなっちゃう青木社長・・・ほんと、ヘンタイだな・・・・




そんな感じで、いろいろツッコみどころが満載なんだけど、青木社長の原くんへの愛は、本物だから、受け入れたわ!!





リスのごとくかわいくて、一生懸命で素直な新入社員の原くんの、一言に、いちいち反応して、ギュンギュンしている社長が、本当、情けなさ過ぎて、お馬鹿すぎると思います。

原くんへの愛が深すぎて、常人には理解できない愛を示すけど、青木社長の愛は本物!!

受けも、最後は、ほだされて受け入れています・・・

読者のわたしも、笑わせてもらいましたよ!!あはは!!


短編も同時収録


■「優良物件あります」


いや・・・普通のBLマンガですよ・・・?

表題作のメインカプの隣に住むリーマンが、夜毎繰り返されるアハンな声に悩んでいると、会社の後輩であるもん太が、家で同居しませんか?と声をかけてくれて、そのまま、ふたりがいいムードになっちゃうってお話なんですけど・・・・

いや・・・

普通にBLしてた・・・

碗先生の作品なのに、クセも何もないのが、びっくりした!!


■「幸せのツボ」


彼女に振られた夜、やけ酒を飲みに入った居酒屋で隣に座った男の子と、一夜すごしちゃうお話

いやー・・・これは、なかなか・・・・

短編ですが、一夜限りの相手に夢中になっちゃうってところに、ロマンスを感じますね。

でも、碗先生らしく、腸内洗浄しちゃう流れを入れてくるのが、「らしいな」と思いました。



最後にまとめ


いやー・・・もうねー・・・題名、そのまんまの作品です。

発情しちゃったオオカミに、かわいいリスちゃんが、ガブーってされちゃうって感じかな?

ガブガブ噛まれて、リスはビビって逃げるものの、逃げるリスを、手中に収めるために、がんばるオオカミの姿に、ジーンとくるものもあり・・・

その後繰り広げられるヘンタイプレイに、ジーンときた、私の感動を返せって、脱力感ありって感じのBLマンガでした。笑。

シリアスとか、深イイ!!とかを求める時には向かないです。

でも、「アホらしいBL読みたい」って時に、オススメできる作品です

あと、やっぱり、碗先生の作品は、攻め視点なんで、キュン度は低いかな?

まあ、これは、わたしが、受け重視派だから、仕方ない部分だね。

でも、その部分をカバーする、笑いとエロが、すばらしいので、好きです!!

あと、ハチャメチャな攻めを、まっとうな受けが受け入れるって部分が、美味しい!!

ちょっと、ハードなプレイに、枠に収まらない個性の攻めに楽しめる作品です。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。