40代主婦がBLにはまりました

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日高ショーコ先生の新連載目当てで、20年ぶりに「YOU」を買ったぞ!!

20170116-1.jpg
お・・・およそ・・・に・・・二十年ぶりに「YOU」を買っちゃいましたよー・・・・

お目当ては、日高ショーコ先生の新連載「日に流れて橋に行く」です・・・

女性向けの雑誌に連載ということで、男女のラブもの?と思っていたけど、「激動の時代を駆け抜ける流行浪漫」というキャッチフレーズがついています。

表紙のイケメンふたりの絵面に期待値が高まりますよね!!

ここから先は、ネタバレ記事ですので、ネタバレNGな方は、ここで、戻るボタンをお願いしますm(_ _)m

ネタバレOK!!って方は、このまま読み進めてくださいね!!

あらすじ


20170116-2.jpg


第一候「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」

時は明治末。

洋行帰りの星野虎三郎は、苦境に立つ老舗「三つ星呉服店」を再建するためにー。



「日に流れて橋に行く」サラリとネタバレ


第一話でなく「第一候」ですよ・・・

なんじゃそりゃ!!おっしゃれー!!

しかも「水泉動」だなんて、七十二候(古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ)から引用です!!

ちなみに、「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」は、冬至を表す言葉

意味は、「地中で凍った泉が動き始める」です。

なるほど・・・そういう意味を含めた第一回なんでしょうね。

時は明治末

海外に留学していた虎三郎が、自分が学んできた商売のノウハウを老舗「三つ星呉服店」の再建に役立てようと、意気揚々と帰国するんだけど、番頭の五百雀や使用人たちに冷たく迎えられるんです

どうやら、虎三郎が、海外にいた3年の間に、「三つ星呉服店」は、かなりの経営難に陥っていて、その経営難に追い込んだ要因のひとつに、虎三郎の留学費も含まているらしいのね。

だから、「三つ星呉服店」に、海外の商売のノウハウなど必要ないとばかりに、番頭の五百雀から冷ややかな言葉をかけられるの。

そんな彼を取り巻くのが、店の主人の在虎や、意味ありげな長身のイケメン・・・

第一回目ということで、登場人物の関係図が、ぼやけている感じだけど、それが、逆に今後の展開を期待させます(*^^*)

主人公の「虎三郎」が、今までの日高ショーコ先生のマンガでは、見ることがなかったタイプというのも、日高先生の持つ新しい扉を開いた気持ちで読めて嬉しかったです!!

やんちゃで鼻っ柱が強いのに、思いやりもある虎三郎が、今後、どうやって、「三つ星呉服店」を再建していくのか、楽しみになる第一回でした。


ついでに「YOU」の感想も書いておこう!!


およそ20年前まで「YOU」を購読していた私・・・

「トルコで私も考えた」が、リターンズとして連載をしているのに、びっくりした!!

当時、トルコ人が使う砂糖の量の多さをこのマンガで知って、びっくりして、いろんな人に、喋ったんだよねー・・・わたし・・・

あと、驚いたのが、「子育て悩み相談室」なるページが・・・

え?子育てって、いつの間に、主婦向けの漫画雑誌になっていたの?

そういや、「OFFICE YOU」があるもんな・・・

「OFFICE YOU」が、大学生、OL向きって感じになってるのかな?

全部の連載マンガを読んだわけじゃないんですけど、全体的に、どのユーザーに向けて作っているのか、ぼやけている感じの作りになっていて、雑誌のカラーが、よくわからない感じ?

いや・・・上田倫子先生も、森本 梢子先生も大好きなんですけどね・・・

読み続ければ、どのユーザー層向けなのかわかるのかな?



最後にまとめ


雑誌そのものは、続けて買うってことはない感じかなー?m(_ _)m

でも、日高先生マンガは、女性誌でも、安定のキュンが期待できそうなので、続けて、追いかけたいと思います!!

日高先生の女性誌掲載マンガといえば、2012年10月号と11月号に前後編で、「水玉パズル」という作品を「YOU」で発表しています

私は、未読なのですが、これも気になる作品です。

日高先生のブログを覗くと、「また機会があれば、続きを描きたい」とあったので、いつかは、読める日がくる。と期待していていいかな?


月刊YOU HPはこちら→ 「月刊 YOU」






関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。