40代主婦がBLにはまりました

人生半分終わった主婦がBLにはまりました。ボーイズラブの類にご理解のない方はご遠慮ください。時に下品なブログです。ネタバレ有りです。お気をつけてください。
2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボーイズラブ!1巻【松本ミーコハウス先生】



透明感のある表紙に何度も本屋で手に取りましたが、レジには持っていけなかった松本ミーコハウス先生の「ボーイズラブ」1巻が、Renta!さんで電子配信スタートしました。

なぜ、買えなかったかというと・・・・

クチコミを見て、これは、ちょっと私には耐えられない痛みがあるストーリーだと思ったから・・・

散々迷い、電子で読みましたが、クチコミを読み漁り、わかっている流れでも、読んでて辛かったです・・・涙

では、レビューに行ってみましょう!!
スポンサーサイト
[ 2017/01/06 13:06 ] 【ま】 松本ミーコハウス | TB(-) | CM(-)

恋のまんなか 【松本ミーコハウス先生】

読者様から、おすすめされて読んでみましたー!

松本ミーコハウス先生のBLデビューコミックだそうです。

いやいや、心の部分は純愛、カラダはエロ❤バッチリ!!

いやー、松本ミーコハウス先生ワールドですね!!

表紙のイメージからは想像できないストーリーに引き込まれちゃいました!!

内気な優等生の一之瀬司は、密かに同級生の松原千歳に想いを寄せていた。だが、ある日、その気持ちを本人に見破られ、無理やり告白させられてしまう。松原のアパートに連れていかれた一之瀬は、言われるままに松原と体を重ね……。どうしようもないほどのさみしさを抱えた少年たちの行く先は?



恋のまんなか

恋のまんなか

恋のまんなか

[著]松本ミーコハウス



表紙を裏切る10代の息苦しさを描いたストーリー


2008年発行作品です!!

表紙のふわふわしたイメージ。

少女のようなまんまるいお目々の受け。

10代を過ごす学校という場所を舞台に、寂しい優等生くんと荒んだ心の少年が繰り広げられるラブストーリーかと思いきや・・・

大きく、裏切られました・・・∑(゚Д゚;)

主人公は、ふたりとも形は違えど家庭に問題がある子。

ひとりは優秀なんだけど、バカのひとつ覚えのように松原くんのことが好きでいいなりになる子。

ひとりは、劣悪な家庭環境ゆえか、少しばかり加虐心がある子なのね。

最初、受けが松原くんから、エロを強要されるという始まり方をするんだけど、その関係の形が、エロの回数を重ねるごとに変わっていくんだよね。

ねじれた家庭から、現実から逃げるように、夏休みに海辺の町まで逃避行しちゃうの。

逃避した場所で、何かから逃げるようにひたすらエロしてるんだけど、改めてエロするって一種の会話なんだと思った。

誰かと何度も何度もカラダを重ね、カラダから伝わる温度や、セッ○スを通して心が揺れうごくことで、自分のいる状況を受け入れることってあるんだと思いました。

10代ゆえの不安定さにハラハラさせながらも、最後は、ちゃんとした着地点に足をつけたのが、なんとも松本ミーコハウス先生らしいと思いました。

このふたりが、最後は、ハッピーエンドを迎えられて本当によかったと思いました



登場人物のふたりがとても魅力的なんです 


松本ミーコハウス先生の描くつり目の男の子って、本当、いいですよね。

セリフもない表情だけのコマが、なんで、こんなにゾクゾクするのか?

色気あるよなーって、感心しちゃいます。

今作は、受けが、ふわふわのまんまるお目々で、そこの点だけど、最初、心配だったのね。

ほら、あんまり、女の子みたいだと、BLじゃなくなっちゃうじゃない?

でも、その点は、杞憂で終わりました。

ふわふわのまんまるお目々なんだけど、この子、芯が強いんですよ。

いや、芯が強いというより、松原くん以外は、見えてない。

まさに、彼の世界の中心には松原くんがいるって感じ。

そういう与えるだけの愛情を注げるって、本当に強くないとできないですよね。



40代からみた感想を最後に書くと・・・ 


この物語の主人公ふたりは、こどもゆえの無気力さや不自由さに苦しめられるんだけど、40代の私から見たら、こどもゆえに許される無茶さというのがあると思うの

それが、この二人の場合、逃避行して、バカになりそうなくらいエロをして、時々、会話して、散歩してってことなんだけど、これを、大人がやったら、かなり、痛いですよね。

10代だから許される無茶さで、どん底の手前で自分たちから、ちゃんと現実に立ち向かおうとするっていうのが、なんとも、よかったなーって思いました。

セリフがね。とってもいいんです。

攻めの松原くん、学校の成績は悪いのに、子供とは思えない難しいこと言ってるし!!

子供は、そういう無茶さを親が知らないところで繰り返して、自由を手に入れていくんだよね。

なんか、読後、40代の母親視点になっちゃって、しみじみしちゃったよ・・・

もっと、若い時に読んでいたら、感想も違ったものになったかもしれない・・・

って・・・

8年前でも、私、30代だったわー・・・・(汗)

スポンサードリンク







[ 2016/10/23 12:36 ] 【ま】 松本ミーコハウス | TB(-) | CM(-)

美しい野菜2巻【松本ミーコハウス先生】

美しい野菜 (2)

美しい野菜 (2)

美しい野菜 (2)

[著]松本ミーコハウス




あらすじ→セフレ関係になった治樹と太郎。 小説執筆に没頭し、治樹を放置してしまった太郎は、焦って夜中に治樹を訪れる。唐突で行動と必死な態度のわりに、 自分の気持ちの正体に気づいていない太郎はセックスをねだるばかり。
そんな太郎の変化に治樹の心は騒ぎ――?
波瀾万丈な下克上ラブ!



はい。

1巻に続き、2巻レビューです(^^)

前記事でも書いたんですけど、私、1巻を読まずに2巻を読んじゃってー(汗)

正直、話がよく見えなくってー・・・・

書庫の奥行きになっちゃってー・・・・

でも、1巻読んで、見事!!手元に置いておきたくなるBLへ昇格~!!

あははー!!

いや、やっぱ、順番守って読むって大事だわー!!!


治樹がね・・・

太郎のことを「かわいい。かわいい」って、ずっと、思ってるんですけど・・・・

太郎の・・・

清くありたい自分と、そうじゃない淫蕩な自分が相反する感情とか・・・

他人とないがしろにした過去の自分を罰してほしいって思っちゃう感情とか・・・

そういう太郎のアンバランスさや、いろいろと不器用なところが、本当にかわいいと思うんですよ。


そんな太郎さんが書いている小説が、少年向けの冒険活劇?


どんな小説なのか読んでみたい・・・


自分の中の下衆な部分を愛してくれる治樹と出会って、書く小説にも、変化が出てくる・・・


それに戸惑って泣いちゃう太郎なんだけど、治樹は、笑顔で「がんばって」って応援できるんですよね・・・


いい子の太郎さんと、悪い子太郎さんのバランスが整えば、書けるよ(^^)と言う治樹は、本当、太郎さんの理解者だよね・・・


太郎さんが治樹と出会えて、セフレから、愛し愛される恋人になっていく過程が、本当、よかったと思います。




あと、見どころは、太郎のひとりエロかな・・・

1

久しぶりに家に来る治樹と、エロするかもしれないと、慣らすっていうのも、なんか、エロいよね・・・

他にも濃いエロ描写がてんこ盛りでございます・・・・

ごちそうさまです。

合掌。



ちなみに、3巻に続くで終わっています・・・・

2巻もエロ描写が見事でしたが、見事なエロ描写を描けば描くほど、ハードルって、どんどんあがっていくじゃないですか?

このハードル以上のエロ展開が、今後、描いてくれるのか、楽しみな作品ですね(^^)


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2015/05/27 12:03 ] 【ま】 松本ミーコハウス | TB(-) | CM(-)

美しい野菜 1巻【松本ミーコハウス先生】

ちょいとパートが忙しい時期に入ってしまい、読書感想の記事のアップがままならない海ホタルです・・・

こちらの作品は、読者の方からおすすめしていただいました。

ありがとうございました(^^)

カムアウトしちゃうと・・・

実は、この作品、1巻を読まずに2巻を読んじゃっていまして・・・

で、ストーリーが噛み砕けないまま、なぜ、みんなの評価が高いのかわからなまま、放置していたんですが・・・

でも、読者の方から「気に入ってもらえると思います」とコメント頂いて・・・

その言葉が背中を押してくれて・・・・

1巻を読ませていただきました・・・・

いやいやいや・・・。おすすめしてくれた方・・・


本当にありがとうございます!!




高評価な理由が!!



ようやく!!わかりましたyo!!




美しい野菜 (1)

美しい野菜 (1)

美しい野菜 (1)

[著]松本ミーコハウス




あらすじ→小説家くずれの太郎(たろう)は、自炊ナシの不健康生活を送る31歳。
ある日、ハツラツとした八百屋・治樹(はるき)と出会い、家呑みをすることに。
酔っぱらった太郎は無自覚にエロ発言を連発し、ゲイの治樹の理性は崩壊。
ノンケだというのに、太郎は「挿れられる」セックスにいやらしく乱れる。
その後も肉体関係を続ける2人だったが、太郎のMっ気を察した治樹は甘くサディスティックに責め始め──。



「俺、恋愛なんかできない。人がわからないし怖い・・・」   


対人スキルが低い小説家の太郎さん・・・

太郎さんが、本当に本当に、ちいさなことが、色々とうまくいかないことが続いて・・・

世界中から拒まれている気になるってシーンが冒頭にあるんですが・・・

この感覚、すごくわかるなー・・・

心の中に、空洞がぽっかりと開いて、消えてしまいたくなる感じ・・・

そんな太郎さん出会ったのが、八百屋で働く笑顔がステキな治樹くん・・・

初対面で、家呑みして、グダグダっとなって、レッツ!!エロ展開しちゃうんですが・・・・

太郎さんのMっ気が、みごとでした・・・・

ごちそうさまです。ペロリ!!



そして、ヘタレな太郎に恋しちゃう治樹

「俺、恋愛なんかできない。」という太郎さんに、手錠&目隠しプレイ&放置プレイなどなど

濃い~エロ展開をしてくれます。



清く正しい太郎さんの中から

淫欲にまみれたど淫乱の太郎さんを誘い出して

清く正しい太郎さんを追いやるなんて悪者かな?
 


いやいやいや・・・

この作品、エロ描写もみごとなんだけど、こういうセリフが、読んでて、すごいゾワゾワってくるんですよ・・・

エロ中の太郎も十分エロいけど・・・

Mは上質のSがいてこそ、快楽を得れるもの・・・

治樹も、見事なSっぷりを見せてくれます・・・

いじめて、いじめて、つきはなして、

がけっぷちギリギリまで、かわいい笑顔で追い詰め、そして慈しむようにやさしくする・・・

すばらしいです・・・・



そうそう・・・

松本ミーコハウス先生の絵がね・・・

かわいいんですよ・・・・

攻めの治樹の絵面もかわいくてですね・・・・

そのかわいい笑顔で、受けを、いじめるんですよ・・・・

いやん・・・・

何?この憎めない笑顔・・・

受けのことが好きって気持ちがダダ漏れなんですけど・・・


正直、私、SとかMとかの世界感が、今ひとつ正しく理解できない未熟者なんですが・・・・

でも、ハード系のSMじゃなかったからかな・・・?

理解できなくても、楽しめる作品でした。

このSMプレイの行き着く先のエロをもっと見てみたい。

あ・・・

2巻が、レンタ!さんで取り扱いが、まだのようなので、この後、別記事で書かせて頂きます。

お時間ある方は、また、覗いてみてね☆


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2015/05/26 16:37 ] 【ま】 松本ミーコハウス | TB(-) | CM(-)
プロフィール

海ホタル

Author:海ホタル
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

このブログは現在、不定期更新となっています。現在、コメントの受付はおこなっていません。よろしくお願いします


※免債事項
当サイトに掲載された情報を利用される場合は、自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は、責任を負いかねます。予めご了承ください。

★メインブログはこちらから★ 今日何ときめいた
カテゴリ
renta!ランキング
アマゾン「BLコミックランキング」
アマゾン「ノベルズランキング」
おすすめ電子書籍ストア
随時キャンペーン実施中!お得なキャンペーンを探してね!

蔵書数が最大級の電子ストア!!

全ての作品が立ち読み可能!!48Hレンタルキャンペーンなどお得に読める情報がいっぱい!

魅力の読み放題機能が充実!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。