40代主婦がBLにはまりました

人生半分終わった主婦がBLにはまりました。ボーイズラブの類にご理解のない方はご遠慮ください。時に下品なブログです。ネタバレ有りです。お気をつけてください。
2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

いとしの猫っ毛 5巻【雲田はるこ先生】

ようやく・・・

ようやく「いとしの猫っ毛 5巻」が読めましたよ・・・

確か、特典目当てに発売日に買ったはずなのに・・・

発売日から、およそ2週間も開いているよ・・・?


うう・・・

ほんとうに!!読めて!!うれしいです!!!!

20160708-1.jpg

恵ちゃんが東京のまたたび荘にやってきてから一年。みいくんと恵ちゃんの愛も深まる5巻では、みいくんと恵ちゃんが、ついに結婚式を迎えます! 雑誌掲載時(ビーボーイゴールド2016年6月号 4月28日発売)ではモノクロ掲載の結婚式での模様を、コミックスでは特別にカラーで収録。


いとしの猫っ毛

いとしの猫っ毛

いとしの猫っ毛

[著]雲田はるこ





1巻から続いてきたみいくん恵ちゃんのラブストーリーは、「小樽編」を含めて、6冊目になりました!!

この5巻は、山や谷がなく、穏やかで平和なふたりの日々を淡々と描いた巻だったんですけど

二人の仲をちょっとばかり心よく思っていなかった「おばあさま」からの寛容さが見れたり

お互いの好き度が同じくらいMAXになったふたりのイチャコラぶりを堪能できたり

脇役たちのエロにニヤニヤしたりできました!!



ここまでたどり着くまでのふたりの紆余曲折があったからこそ感じられるこの幸せMAX感!!

主人公ふたりだけでなく、ふたりを取り巻く仲間達の人情味の深さも和む~!!

嫉妬!執着!山あり谷ありのBLも面白いけど、それとは、また別味の面白さで

ハートフルで、心にジンとくる、ほんとうにほんとうにすばらしい巻でした!!




ひたすら、イチャコラしているみいくんと恵ちゃん

ちょっと縁側に座るだけでも、背中からくっつき虫になっているのが、微笑ましい~

このふたり、寝る時も、隙間ないほどくっついて寝るけど・・・

そんなに、ベタベタされたら、鬱陶しいだろうに・・・って、思っちゃうんだけど

幸せなふたりには、その鬱陶しさも幸せなんでしょうね(*^^*)



積極的にみいくんのブツを舐める恵ちゃんの顔の可愛さは殺人級の可愛さだったし

同居人たちがいつ通るかわからない廊下で、盛っちゃうところもドキドキした。

でも、一番、私が萌えたのは、みいくんのボトムを半分も降ろさず、恵ちゃんが挿入して盛っちゃうシーン!!

これは!!よかったですー!!萌~!!

なんか、ボトムを下ろす時間も、もどかしいみたいな早急さと

きっと浅い挿入になっちゃうだろうだろうに、それで気持よくなっちゃうなんて、本当、エロいな。このふたり。というスケベーな目線で楽しめました!!

ドキドキ・・・

着衣エロもあれば、コスプレエロあり、ふたりしての全裸エロもありと、かなりの読者サービスてんこ盛りで、サイコーでした!




帯に「僕たちは 結婚の誓いを申し上げます」ってあるから、そういう展開になることは予想していたんですけど

本当、「明日、外食にでも行く?」というくらいの勢いで、結婚式しちゃいました!!

外国に住むお友達が同性婚するという話をふたりして聞いてて

みいくんは、心のなかで、グルグルしているのに

恵ちゃんが、「おれ、結婚したい」って、言っちゃうんですね!!

恵ちゃん、本当に、かわいい顔して、オットコ前だよ!!

途端に、目をハートにさせて「オレもしたい」って返事しちゃうみいくんのかわいいこと。

結婚することに対し、このふたりは、「男同士である」「世間体」などの葛藤とかが全くないのねー

ふたりで過ごした歴史が長すぎて、そういう時期も超えちゃって

たくさんの仲間に囲まれて、桜舞い散るいつも過ごしているお家のお庭で結婚式をあげました!!

あまりに大円満な流れに・・・・

も・・・・もしかして、最終回なのか!?と、ドキドキしたけど

巻末の「次巻、来夏発売予定」の告知があり安心しました。

どうやら、みいくんと恵ちゃんを取り巻く登場人物たちのお話っぽいです



このふたりの幸せは、これがMAXか?!というほどの幸せぶりだけど

「天井知らず」の幸せを、このふたりなら育てていけるんだろうなー・・・と、本当に、心がほのぼのと温かくなったよ。

来年の夏が待ち遠しいです!!



レンタ!さんで、「いとしの猫っ毛」の音声ドラマがありました!
なんだろう?これ?と、サンプルがあるから聞いてみたー
これ、CDのやつだよね?ええ!!CDが、聞けちゃうの!!知らなかった!!びっくりした!!




まだ、「いとしの猫っ毛」を読んだことがない人のために、「お試し版」がありました。
収録しているのは、4話でした。このコミックが持つほのぼのとした空気感は伝わると思う
でも、エロいところが収録されておらず残念・・・その部分も、とっても、いいのに~!!




最後に!

まだ、未読でこれから読むだろう方のために、一言だけ付け加えると・・・・

この作品は、 「リバBL」 です!!

リバが苦手な方は、心してお読みくださいね(*^^*)!!

にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2016/07/08 14:18 ] 雲田はるこ | TB(0) | CM(2)

いとしの猫っ毛 3&4巻【雲田はるこ先生】

いとしの猫っ毛のレビューの続きです!!

「いとしの猫っ毛」1巻→2巻ときたら、この次に「小樽編」がくるんですね!!

そんなことは露知らず、「小樽編」を飛ばして、3巻、4巻と読んじゃいましたーー!!

ですので、途中、「?」と思う部分もあったのーー!!

もし!!これから読むという方がいらっしゃったら、「小樽編」を読んでから、3巻→4巻と読むことをおすすめします!!


いとしの猫っ毛 3

いとしの猫っ毛 3

いとしの猫っ毛 3

[著]雲田はるこ



3巻を読んでねー

このコミックの人気に合点がいったんですよね

これ、リバ展開してるじゃないですかーーー!!! 


リバ好きのお嬢さんたちの、目がキラーンと光る展開ですよね!!( ̄ー ̄)ニヤリ

前レビューでも書いたんですけど、みいくんと恵ちゃんなら、攻めのみいくんの方が、寂しがりの甘えたさんなのですよ

だから、リバ厨じゃない私でも、ナチュラルに受け入れられて、キュンとした!!

この作品、どうしても受け入れられなかった部分が、これだけ「恵ちゃん大好きなみいくん」が、恵ちゃんと遠距離恋愛中に、別のオトコと関係をもっていたってところで・・・

なおかつ、恵ちゃんが、自分が側にいなかった間、みいくんが浮気していたのに、それを、どーんと受け止めているのが、どうにも歯がゆかったんだけど・・・

(すみません。前述に書きましたが、小樽編を読んでいなくて・・・。その部分の事情が、まった、わかっていなかったもんで・・・。小樽編を読んだら、そうか・・・そういう流れがあったんだね。って感じの部分なんですよね・・・)

でも、みいくんが、処女を、恵ちゃんにだけ赦したってことに、なんか重みを感じたー!! 

浮気したことは許せないけど(いや・・・小樽編を読んでからなら、この部分の感想が、また違ったんだろうけど・・・)、好きな人のためなら、タチ専の看板を下ろすみいくんの深い愛が、ヒシヒシ伝わってきたわ♡

あと、この巻には、脇の北原先生とハルくんの馴れ初めのお話が載っているんだけど・・・

このお話が、私の萌えゾーンにドストライクなお話でした♡

ハルくん・・・。ほんまSやねー

学校の先生相手でも、物怖じせず、躊躇せずのドSぶりやね・・・

北原先生が、あんな浮気症のハルくんにメロメロで甘やかし倒しているのが、なんか、分かった気がした・・・

北原先生のMの心を満たしてくれるのは、ハルくんだけなんですよ

紆余曲折の末に、北原先生から告白して、それを、Sっぽく受け入れるハルくんに、ベストカップル賞をあげたいくらいだわ・・・



いとしの猫っ毛 4

いとしの猫っ毛 4

いとしの猫っ毛 4

[著]雲田はるこ



4巻までくると、さらに、愉快な仲間たちに囲まれた雑居感が強くなって、ワタシ的には、エロのドキドキが薄れた気がしたなー

誤解のないよう書くと、恵ちゃん、みいくん、各々のソロが見れたり、リバカップルっぽい流れのエチが見れたりと、ちゃんと、エロちいシーンはあるんですよ!!

でもね!!こう、なんつーか・・・、ドキドキするエロじゃなくて、まるで夫婦みたいな感じの落ち着いたエロに移り変わっていくって感じかな・・・

この巻は、恋人であり、同時に、家族であるふたりに感動しちゃましたね!!

小樽の恵ちゃんの実家へ帰って、一家団欒しちゃうあたりなんて、泣いちゃった読者さまがたくさんいらっしゃるのではないでしょうか
(恵ちゃん母もいいお母さんだね!!さすが!!恵ちゃんの母って感じの器の大きさだよ)

ふたりの仲を認めてくれる家族に囲まれて、エロも入ってて、甘過ぎて、糖尿病になっちゃうわ!!ってくらい糖度が高めの巻でした(*^^*)


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2016/02/28 14:24 ] 雲田はるこ | TB(-) | CM(0)

いとしの猫っ毛 1&2巻【雲田はるこ先生】

ようやく!!

ようやく!!

「いとしの猫っ毛」を読みましたーーー!!!(T_T)(T_T)(T_T)




うおーーー!!!

よかった!!

よかったよーーー!!!





ブログ開設してから、多くの方におすすめされたこの作品!!

みなさまがオススメしてくれた気持ちが、今!!わかりました!!

「この作品が好きって人がたくさんいるのが、うれしくなる。」

そんな作品でした!!

いとしの猫っ毛

いとしの猫っ毛

いとしの猫っ毛

[著]雲田はるこ




「すでに、読んでいます。」って方の方が、きっと、多いと思うので、あらすじは省略しますね・・・

まずは!!

1巻からレビューから!!

幼なじみで恋人で東京に住む「みいくん」の元に、どさんこボーイの「恵ちゃん」がやってくるシーンからスタート!!

みいくんは、イケメンなのに、だらしなくていつも上半身がハダカで、ポルノ作家さんで、「またたび壮」の管理人さん

「またたび壮」に住む個性的な面々に囲まれて、おぼこい好奇心旺盛な恵ちゃんと過ごすにぎやかで暖かい日常を描いているお話なんですが・・・

このコミック、くっついてラブラブなふたりのイチャコラがひたすら続くお話だったんですねー。

すでに、くっついているカプのイチャコラが大好物な私には、「フハー!!もう、たまらん!!」って流れで、読後、幸せで心がホワホワしちゃいましたよーー!!

この1巻では、みいくんの愛の方が恵ちゃんよりでかいように思った

小さい頃から、恵ちゃんのことが大好きだったみいくんは、どうやら、決死の告白で、ノンケのみいくんとおつきあいできることになったけど、付き合いが長いくせに、未だキス止まりの仲なのね

みいくんは、もとからそっちのお方だから、みいくんとエチしたいけど、ノンケの恵ちゃんは、そっち方面の目覚めが遅いみたいで・・・

みいくんが「恵ちゃん。恵ちゃん」と、ひたすら抱きしめて、キスして、甘えている姿が、一生懸命で、かわいくて、微笑ましかった

1巻のラストで、恵ちゃんの気持ちが追いついてきて、エチまで、無事たどり着いてました!!うふふ

恵ちゃんが、とろんとしちゃうコマで、酸欠になった読者様がたくさんいるんじゃないでしょうか?

私もねー

このコマの恵ちゃんに、ハートを射抜かれましたよ!!

この1巻は、みいくんの「恵ちゃん、好き好き攻撃」と、恵ちゃんが、それを受け止めている姿に、癒やされたわ!!




いとしの猫っ毛 2

いとしの猫っ毛 2

いとしの猫っ毛 2

[著]雲田はるこ



んで、2巻ね!!

2巻でも、「またたび壮」のみんなとワイワイと楽しく過ごしたり、ふたりの日常を切り取ったようなラブラブなエピが繰り広げられるんだけど、ワタシ的、一番の見所は、恵ちゃんが積極的にみいくんに奉仕するお風呂のシーンだね

1巻で、初々しくみいくんを受け入れようとした恵ちゃんが、自ら、みいくんのブツを舐めちゃうという・・・

ダイタンな振舞いとお目々がキラーンとした恵ちゃんのかわいいこと!!

この恵ちゃん、おっとりしているようで、好奇心旺盛な子なんだよねー!!

ちょっと、無自覚系の小悪魔入っていませんか?



オトコ同士の結婚について、いろいろ、誤解したままの恵ちゃんが、自分が女の子になろうと、女装しちゃうってシーンの、ふたりの会話もとってもよかった

好きな人のために、女の子になってもいいよという恵ちゃんの、男前ぶりに、みいくんだけでなく、私もノックアウトですよ!!

だって!!恵ちゃんは、もともとノンケなんだよ!!

好きな人のために、性転換してもいいって!!

どんだけ!!器がでかいんだよ!!

どんだけ!!みいくんが大事なんだよ!!

このふたり・・・。見た目は、恵ちゃんの方が受けっぽいんだけど、精神面では、恵ちゃんの方が、男前なんだよね

みいくんは、見た目は、イケメンで、体も、恵ちゃんよりはオトコって感じなんだけど、精神面では、弱いところもあるし、甘えたさんなんだよね

その見た目と内面のふたりのちぐはぐぶりがね

読んでて、飽きないんですよね

ゆるやかな渓谷をゆっくり船で揺られながら景色を楽しむような作品でした

3&4巻レビューへと続きます!!


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2016/02/25 10:00 ] 雲田はるこ | TB(-) | CM(0)

このBLがやばい! 2011年より【野ばら / 雲田はるこ 先生】

雲田はるこ先生のコミックを紙ベースでほしくてポチッと注文したのが、一週間以上も前のこと・・・

到着は、まだか?まだか?と、待っていましたが、未だ、届かず・・・なぜ?

勇気を出して、お店に問い合わせをしたら、「ただいま、準備中です」と、返信が返ってきました・・・

いや・・・

こんなに時間がかかることってあるんですね・・・ガクリ・・・



「今すぐ!!雲田先生の作品を読みたいんじゃーーー!!!」 と、シビレをきらし、レンタ!さんで、こちらを借りました(*^^*)

2011年の「このBLがやばい!」の3位にランクインしている作品です

野ばら

野ばら

野ばら

[著]雲田はるこ



あらすじ→あなたの人生、僕にください

両親を亡くし、若くして洋食カジワラの店主を勤める梶原武は、
そこに勤める離婚寸前の子持ち・神田惣一郎が気になって仕方がない。
ある日武は神田不在中に離婚届を渡しに店を訪れた妻の冬子により、神田が元々ゲイであることを知る。
今までの自分への態度や反応から、神田が自分の事を好きなのではないと思い当たるのだが…

小さくても華やかに、棘が刺されば痛いけど、それでも愛しい
野ばらのような二人の人生がここにあります。



短編集です(*^^*)

3編収録。

短編集だけど、どの作品も読み応えがあって、面白かった!!

読後、ふんわりとした「愛しさ」で胸があたたかくなりました



☆「野ばら」 

妻にゲイカミングし、離婚された男の話

ゲイであることを隠し、周りの幸せのためにと、結婚したネガ思考の神田さん(40代)

妻と幼い娘との日々は、おだやかでやさしく、気を許して、カミングアウトしたんだけど、妻は、その事実を受け入れてくれず、出て行ってしまった。

そして、幼い娘との時間を作るため脱サラし、洋食カジワラで働いているの

そして、洋食カジワラの店長、武くん

なかなか男前でさっぱりした性格で、神田さんの視線から、「もしかして、俺に気があるのかな?」と思っている

ノンケのはずが、神田さんのやさしい笑顔に、恋心を募らせていくの

そこに、何か大きな事件もなければ、恋心を自覚するようなトラブルも当て馬もいない

けれど、武の中で育っていく、神田さんへの「愛しさ」という名前の塊が、どんどん大きくなっていくのが、すごくわかって、キュンとしたー!!

直球、直感勝負の武は、神田さんに告白しちゃうんだけど、神田さんは、妻を傷つけた経験から、好きなのに、武の愛を拒むのね

神田さんは、優男風で、すぐ泣いちゃうし、線が細いし、ネガ思考のところもあるし・・・

ちょっと内股入っているところが、「オネエ入っている?」と思ったんだけど・・・

男気あふれる武が、彼を好きになったのが、うなずけるんだよね・・・。違和感がないの。

初エロで、前戯の後、「この後、どうしていいかわからない」と素直に言っちゃうノンケの武に、やり方を教えて、ふたりで、がんばっちゃう描写も素敵でした(*^^*)

初めての攻めに、経験のある受けって、ほんと、萌えるよねー

娘役のモネちゃんも、超かわいいの!!

3人(+ ばーちゃん)で、幸せになってほしいな




☆「みみクンのBOYの季節」
 


わははー!!

私、これ、すげー、好きです。

読後、すごく、幸せな気持ちになりました

女の子になりたいミミと、ゲイの薫

おバカなミミは、「薫くん、好き好き♥」状態を垂れ流し状態

いや、薫くんは、ゲイなんだから、女の子になりたいミミちゃんは、対象外なんじゃない?と、思って読んでいたら、やはり、いざ、そのシーンになると、薫くんから、「どうしても女の子とはできない」ってお断りされちゃうんです。



20160114-1.jpg
「まって、あたし、男だよ」と言うミミちゃんが切ない・・・(T_T)



性別は、いつだって あたしの邪魔をする 

ミミは、女の子になりたいけど、男の子のままいることを決意!!

長い髪をハサミで切り、再び、薫のもとへと駆けつけるのです

うう~!!ミミちゃん、健気でいい子すぎる!!

「薫ちゃんの為なら、何にでもなる」 

そのセリフに、この物語の全てが込められている気がします。

好きな人のために、がんばる乙女心をもつミミちゃんに感動しました

でもね・・・

これ、薫が、すげー、ずるいって思ったんですよ

ミミだけがんばるって、なんか、おかしいよ?

薫もがんばってほしいなって・・・

そしたら、二話目に、救われた!!

やはり、恋愛はフェアじゃなきゃいかんのだーーー!!



☆「Lullaby of Birdland」
 


異国の地で、母の生まれ育った街まで旅する日本人医師と、旅先で出会った天使のような容姿の何かしらの訳がありそうな青年の物語

私ほどの年齢までマンガを読んでいると、ある程度、オチが見えてしまう出だしなんですが、よかったです

違う国で生まれ、全く違う環境下のもと育っても、出会うべく人とは必ず出会えるんだと読後、ジーンとしました

「僕は、この街に、ここで君に会うために来たんだ」 

私は、運命論者なので、そういうのに、弱いんですよね・・・



雲田先生の作品は「そうだったら素敵だな」が、いっぱい、詰まっているんですよね・・・

そこが、私の中に、違和感なくストンって落ちてきて、じわーって、やさしい気持ちになっちゃう感じかな・・・



そうか・・・

これが、2011年の「このBLがやばい!」の3位か・・・

ちなみに、この年の1位は「卒業生-冬-」「卒業生-春-」/中村明日美子先生

2位が「是/志水ゆき先生」でした。

素晴らしい作品は、何年たっても、面白いということですよね\(^o^)/


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
で・・・。私が注文したBL本。一体、いつ届くのかなー・・・
[ 2016/01/14 15:24 ] 雲田はるこ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

海ホタル

Author:海ホタル
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

このブログは現在、不定期更新となっています。現在、コメントの受付はおこなっていません。よろしくお願いします


※免債事項
当サイトに掲載された情報を利用される場合は、自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は、責任を負いかねます。予めご了承ください。

★メインブログはこちらから★ 今日何ときめいた
カテゴリ
renta!ランキング
アマゾン「BLコミックランキング」
アマゾン「ノベルズランキング」
おすすめ電子書籍ストア
随時キャンペーン実施中!お得なキャンペーンを探してね!

蔵書数が最大級の電子ストア!!

全ての作品が立ち読み可能!!48Hレンタルキャンペーンなどお得に読める情報がいっぱい!

魅力の読み放題機能が充実!!