40代主婦がBLにはまりました

人生半分終わった主婦がBLにはまりました。ボーイズラブの類にご理解のない方はご遠慮ください。時に下品なブログです。ネタバレ有りです。お気をつけてください。
2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェラテリアスーパーノヴァ【キタハラリイ先生】

こちらの作品は、読者様からおすすめされて読ませていただいた作品でした。

オススメしてくれた読者さま、ありがとうございます!!

只今、レンタさんの方で、10/30まで48H4チケキャンペーンとなっています!!


あらすじ→出会い系で適当に知り合った間柄、知っているのはお互いのいい加減なハンドルネーム。いつも、近所にあるジェラート屋『スーパーノヴァ』で待ち合わせをして、部屋でヤるだけの関係。……だったはずなのに、少しずつ変化してしている自分の気持ちに気付く里谷(さとや)。自分だけが深みにハマっていく不安……でも気付いた気持ちには抗えず――?





受け視点で描かれるBLです


昨日「はきだめと鶴」を読んで、久しぶりに読み返したいなーと、再読してみました!!

再読したら、すべて受け視点で描かれてることに気づいた・・・汗

攻めが何を考えているのかが、全く、わからない!!笑!!

いや、表情とか・・・間とかで、攻めの心情を語っているコマは、たくさんあるんだけどね・・・

ちょっと、手探り状態になっちゃって、攻めへの共感は薄かったなー。

一応、くっついた後を描いたマンガが最後に収録されていて、それが攻め視点で描かれているのね

そこで、いろいろ、繋がってくる感じです。

あと、読み返してみて、やっぱり、この作家さん、構成がすごくお上手だなーって思いました

処女を出会い系で捨てちゃった受けは、体だけの関係では欲は満足できても、心が満たされないことを知っていて、でも、同じ出会い系で出会ったこの攻めに、今までの相手とは、なにか違う気がする。

今までの体だけの虚しい関係と何が違うのか、迷ったり、嬉しくなったり、困惑する受けが見ものです。

体だけの関係から、恋心を自覚するまでをじっくりと丁寧に描いていて、とても読み応えがある一冊となっています。



手ひどく扱われる方が好きな受けがエロい


セフレの関係なので、会えばエロするんですけど、この受けが、普段はごく普通の大学生なのに、ベッドに入った途端、エロ慣れしてるんですよねー・・・

加減できそうにない。という攻めに「加減なんてしてもらったことねーよ」って、受けが答えるんですけど、作中、受けから、おねだりも多いのよ・・・

ちょっといじわるなセリフを吐きながらガツガツいく攻めと、いじめられ「ムリ」と言いながらも「もっと」とおねだりする受けの相性は、本当によかったんだろうなって思います。

そんな体だけを貪るようなエロをしてきたふたりが、キャラメルのように甘いエチをする下りが、むちゃくちゃ萌えますよね・・・

ガツガツエロするのもいいんだけど、あま~いエロも美味しい!!

この時の攻めの、受けを愛しむような表情もすばらしいと思います!!

あま~いエロは、具体的描写はなかったのよね・・・

そこが、ちょっと、残念だわー!!



読んだ後、甘くてつめたいものが食べたくなる


副題についている題名もアイス(ジェラート)の名前で、作中にも、バンバン、アイス(ジェラート)が出てきます

私は、読み終わった後、「ああ・・・バニラが食べたい」と思いました。

恋には未熟で、攻めに対し、どう接していいかわからない受けのイメージは「バニラ」そのものなんですもん!

いやー・・・本当に、かわいい受けだなー・・・(・∀・)ニヤニヤ

きっと、読む人によって、食べたい味が変わってくるのではないかと思います。

とても美味しい一冊ですね。

スポンサードリンク








スポンサーサイト
[ 2016/10/19 16:09 ] 【か】 キタハラリイ | TB(-) | CM(-)

はきだめと鶴【キタハラリイ先生】

キタハラリイ先生の新作の電子配信がレンタ!さんで先行配信されています!

前作「ジェラテリアスーパーノヴァ」は、セフレから始まる本気の恋に振り回される主人公がとてもよかったので、こちらの作品も、さっそく読んでいましたよ(*^^*)


あらすじ→映画館でバイトとして働く、元AV男優の澄川螢、35歳、フリーター。澄んだ川に蛍だなんてうすら寒い冗談の様な名前に、“綺麗”なんて言葉とは相容れない至極どうしようもなく堕ちた人生。

毎週日曜日のレイトショー、螢の働く映画館にやって来ては螢のことを「ほたるさん」と呼びやたらと懐いてくる一回りも年下の男・岡崎準太に“綺麗”だの“一目惚れ”だのと言われつい口を衝いて出た言葉……。

「僕ね、今の映画館でバイトする前はゲイビに出てたの バリネコでハードなやつ」

綺麗だなんて 何も知らないくせに 馬鹿馬鹿しい――。






前作とは違うテイストBL!!ヘビーな過去を持つ受けが痛々しい


元ゲイビ男優の「澄川螢」。

その過去が、ハードなゲイビ内容だった気配を感じさせる1ページ目を試し読みで読んでも、前作のイメージが残っていて、どこか軽く考えて読み始めたんですけど・・・


受けの過去が、少々ヘビーすぎた!!


ヤクザは絡むは、自分で作ったわけじゃない借金返済のためハードゲイビに出演するわ、果ては、彼を囲っていた愛しい相手に誤解され見限られるわ・・・


途中で「なんだか、前作とは、えらく違うぞ?」と気づいて、ページをめくる度に明かされる受けの痛い過去の数々に、かなりハラハラしました!!

そんなハードな過去を持つ彼が、今では、健全な映画館でバイトをしているわけです。

映画館のスタッフに、そんなアダルト寄りの過去があるなんて、誰が想像するでしょう?

映画館で働く受けに告白する一回りも下のリーマンの岡崎くん、一回り上の男性に告白するだけでもかなりハードルが高いのに、告白して、すぐに、受けが「ゲイビ」に出ていたことを明かされ乗っかられてしまいます!ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル!!
!!

岡崎くん、どう見ても、至極平凡な生き方をしてきたようなのに、受けとのエロに翻弄されて、つきあっているのか、体だけの関係なのかわからない状況に陥ってしまいます。

そんなタイミングで、受けをどろどろの暗闇に陥れた人間たちが、再び受けに近づいてくるんですね・・・

極平凡、極一般人の岡崎くんが、どこまで受けの過去を受け入れられるのか!!

受けを陥れた人たちが、一般人の攻めまで巻き込むんじゃないかと、本当にハラハラしました。

これから読む方は、少々、ヘビーな部分もあることを念頭に置いてから読んだほうがいいかもしれません!!


エロ描写多め!!文字も多め!!


キタハラリィ先生は、モノローグが詩的なのが特徴ですよね・・・

バッグにある雰囲気のある花の絵も魅力なんですが、そこに綴られる言葉の数々がマンガであってそうじゃない。

読み応えというか、読者の胸に訴える描き方をするので、そこが、けっこう、見どころかなって思います。

受けの過去の辺りは、読むのが大変でしたよー!!

一回目は文字を追うのが必死で!!二度目読みの時に絵をじっくり見ましたからね・・・笑!!

再び受けが辛い目に合うんじゃないかとハラハラしてましたが、それはなかったから、よかったです。

私、一度、痛い思いをした人が、再び、痛い思いをする展開は、本当に耐えられない人なので・・・

最後は、攻めである彼も、いろいろ乗り切って、受けの過去を含めて受けを受け入れてくれてよかったと思います。

ゲイビの経験で、後ろだけでもイケる体になっている受けのエロは、大変、美味しい仕上がりになっていましたが、過去の経験から、ここまで、魅力的な受けになったと思うと、少々、複雑でした・・・

話の奥も深いし、エロもてんこ盛りだし、読み応えのある一冊です。



作品の根底にあるテーマが読み切れたらなかった?


「はきだめに鶴」というのは、受け美しい容姿から作中に出た言葉なんですが、「はきだめに鶴」というテーマと、主人公の名前の、暗闇でもほのかに光る「螢」というテーマは、わたし的には重なっているのか否かが、つかめなかったんですけど、みなさん、どうでしょう?

「はきだめに鶴」と「螢」では、似ているけど持っているイメージが違うので、私の中での主人公のイメージがブレるんですよね・・・

どちらも主人公の受けを表現した言葉だと思っているんですけど、もしかして、全然、違うテーマ性を表現しているのかな?とか・・・

登場人物の視点で、表現が変わってくるって複雑な構成なのか?とかも考えましたけど・・・

作品最初に「螢」のイメージが来て、途中で「はきだめに鶴」とくるのが、どうも、わたし的には、難解な部分だったなーって思います。

深く考えずともいい部分なのでしょうか?

もし、こういう解釈です。というご意見ございましたら、ぜひ、教えてくれたらうれしいです(*^^*)

その部分以外は、お話は面白いし、読み応えもある一冊だったので、読んでよかったと思いました!!

スポンサードリンク








[ 2016/10/18 15:28 ] 【か】 キタハラリイ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

海ホタル

Author:海ホタル
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

このブログは現在、不定期更新となっています。現在、コメントの受付はおこなっていません。よろしくお願いします


※免債事項
当サイトに掲載された情報を利用される場合は、自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は、責任を負いかねます。予めご了承ください。

★メインブログはこちらから★ 今日何ときめいた
カテゴリ
renta!ランキング
アマゾン「BLコミックランキング」
アマゾン「ノベルズランキング」
おすすめ電子書籍ストア
随時キャンペーン実施中!お得なキャンペーンを探してね!

蔵書数が最大級の電子ストア!!

全ての作品が立ち読み可能!!48Hレンタルキャンペーンなどお得に読める情報がいっぱい!

魅力の読み放題機能が充実!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。