40代主婦がBLにはまりました

人生半分終わった主婦がBLにはまりました。ボーイズラブの類にご理解のない方はご遠慮ください。時に下品なブログです。ネタバレ有りです。お気をつけてください。
2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ~ 【冬乃郁也 :原作/崎谷はるひ 】

レンタ!さんのクチコミでずっと気になっていた作品の完結するということで、これを機に、全3巻を一気に読みました!!




う・・・

うーん・・・・

これは・・・・・・・・

本日は、少々、辛口寄りのレビューですので、この作品のファンの方は、ここで、「戻る」ボタンをお願いしたいと思います。
(こればかりは、私個人の嗜好もありますので、ご理解のほどお願いします。)


あらすじ→SEの柳島千晶は、傲岸不遜なホストクラブオーナーで王将と呼ばれる柴主将嗣と同居している。
大学時代、彼の下僕のような生活を強いられたあげく、
「俺のオンナになれ」とレイプされて以来、身も心も強引に縛り付けられていた。
何度も逃げ出しては捕らえられ、お仕置きと称して手ひどく犯される千晶。
王将にまとわりつく女性の影に耐えながら不毛な関係を続けていたが、転勤を機に今度こそ別れる決意をして……。





話が通じない相手に別れ話をしても無駄だよね?


ここからレビューですが、読んでも大丈夫ですか?

いやはや、読んでみて、冬乃郁也先生のファンの方や、 原作者である崎谷はるひ 先生のファンの方には、たまらない作品なんだろうなーって思いました。

冬乃先生の絵も美しいし、ストーリーも、すごく面白いと思います。

けれど、わたし自身が、イエス・ノーがはっきりした人間なので、ここまで、こじれた関係を12年間も続ける登場人物達に共感することが、難しかったです。

大学時代から12年間もカラダの関係があるふたりが、お互いのことを誤解したままだったんだけど、12年めにして、ようやく、きちんと話し合い、誤解が解けて、ハッピーエンドという感じのストーリーです。

攻めが、「別れる」と言い出す受けを、濃厚なエチで陥落させ、別れ話をウヤムヤにするという行為を12年間も続けてきたんですよ?!

正直、12年間もこんな関係を逃げずに続けた受けを尊敬するし、12年間も「別れる」と言い続ける受けに執着する攻めのことも「愛情が怖すぎる」と思った。

わたしだったら、話が通じない相手なら、さっさと、逃げ出せすわー・・・って、つい思っちゃうんですけど・・・

でも、逃げちゃったら、そこで、ストーリーはENDだもんなー。

受けが逃げ出さない性格だから、ちゃんと、ハッピーエンドにたどり着いたことを考えると、いろいろ、複雑ですよね・・・

受けの中に「好き」という気持ちがあって、その部分を攻めが見透かされているからできる引き止め方ともいえるかと思いました。

12年めにして、受けが本気で攻めから逃げようとして初めて、向き合って会話するふたり・・・

監禁などの強引さもあるんですが、攻めなりの執着の現れだと思うと、憎めないですよね。

こじれていたこの12年間にも、このふたりには意味があった時間なんでしょうね。



受けが後ろ向きで思い込みが激しい分、一層、面倒な状態に・・・


受けが「別れ話」をすると、強引にカラダを抱き、「別れ話」を撤回させるまで攻め続ける攻め。

しかも!!ホストという職業を理由に、受けのいるマンションに女性を連れ込み、受けのいる空間で、オンナとヤッて、しかも、オンナを抱いた後に、「別れ話」を出す受けを抱くという・・・

すごい、ゲスぶりの攻めなんですけど・・・

でも、このお話は、攻めだけが悪いとは責められない・・・

だって、この受けも、プライドが高くて、そのくせ、後ろ向きで、ややこしい性格なんですよね~・・・

もっと、この子が、流されやすいおバカさんならよかったのにねー・・・

自分の思い込みで、攻めを決めつけている感が強いし、きちんと、攻めと向きあって、自分の気持ちの奥底にある弱さを攻めに伝えないんだもんなー・・・



>本当に君たち、お互い相手のこと、好きなの?

もっと、会話しようよ!



と、思わず言いたくなるんですけど、リアルでは、こういうカップルいますよね・・・・

すごく、お互いがお互いの気持ちを相手に伝わってないと、から回っているのに、でも、相手のことが好きで好きでたまらん!!って、カップルです。

もうね・・・そういうカップルそのものです。

こういうカップルは、魂の部分で、お互いに惹かれ合っているから、自分の感情と態度をコントロールできないし、それが、物語のキモだとも思うんですけどね。

私は、比較的短絡的思考な人なので、こういう複雑な人の考えを理解するのは、難易度が高かった・・・(T_T)

でも、ある意味、お似合いのふたりだと思う。

きちんと会話したその後は、とても平和な日々がふたりに訪れて、ハピエンです。よかったと思います。

私の感想はこういう感じなんですけど、シリーズ累計20万部も突破している人気作品です!!

ご興味ある方は、ぜひ、一読してほしい作品だと思います(*^^*)

スポンサードリンク







スポンサーサイト
[ 2016/09/30 12:33 ] 【は】 冬乃郁也(ふゆのいくや) | TB(-) | CM(-)
プロフィール

海ホタル

Author:海ホタル
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

このブログは現在、不定期更新となっています。現在、コメントの受付はおこなっていません。よろしくお願いします


※免債事項
当サイトに掲載された情報を利用される場合は、自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は、責任を負いかねます。予めご了承ください。

★メインブログはこちらから★ 今日何ときめいた
カテゴリ
renta!ランキング
アマゾン「BLコミックランキング」
アマゾン「ノベルズランキング」
おすすめ電子書籍ストア
随時キャンペーン実施中!お得なキャンペーンを探してね!

蔵書数が最大級の電子ストア!!

全ての作品が立ち読み可能!!48Hレンタルキャンペーンなどお得に読める情報がいっぱい!

魅力の読み放題機能が充実!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。