40代主婦がBLにはまりました

人生半分終わった主婦がBLにはまりました。ボーイズラブの類にご理解のない方はご遠慮ください。時に下品なブログです。ネタバレ有りです。お気をつけてください。
2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

蜜色パンケーキ 【木下けい子】



こちら、尊敬するブロガーさんが、大絶賛していて、前からずっと読みたかった作品なんです!!

古め(発行:2007/1/25)のBLということで後回しにしていましたが、Renta!さんで、1/19まで、3チケ/48Hとなっていたので、これを機に読んでみました(^o^)

短編集ということで、あまり期待値を上げすぎないよう読んだのが良かったようで、このコミックが好きな人は、絶対好きに違いない!!と、納得できる1冊でした!!

わたしが木下先生のこの頃の絵が一番好きなことも加点要素のひとつかな?

では、レビューに行ってみましょう!!
スポンサーサイト
[ 2017/01/09 13:06 ] 【か】 木下けい子 | TB(-) | CM(-)

好きだからキスしたの?【木下けい子先生】

「キスも知らないくせに 」で初々しい男子高校生カップルになった蒼太千洋のお話の続きが電子配信されましたー!!

クチコミを見ると、「あまり進展していません」ということだったので、本当に、ポチッとするか否か、迷ったんですけど・・・

けど・・・このふたり、好きなんですよねー・・・

結局、欲望には勝てず、ポチしてしまったよ・・・(T_T)


初めてのキスの相手はひとつ年上の、同級生の綾瀬で、
もうすぐ夏だなーっていう、晴れた日だった。
なのに夏がきて、夏休みになったのに、なんにもない!?
しかも、綾瀬は初めてのキスじゃなかったこともわかって!!
キスなんかしなきゃよかった……
好きだからキスしたい、触りたい。いちゃいちゃしたい。
それなのに、気持ちはすれ違って──







前作「キスも知らないくせに」を知らない人でも大丈夫~!!


前作を知らない人のために、ざっと説明すると・・・

20161003.jpg

ちょっとぽや~っとしたおぼこい男子高校生の蒼太くんが、転校生してきたひとつ年上のクラスメイト千洋くんと一緒に過ごす内に、両思いになっちゃって、「好きかも・・・」というドキドキする期間を経て、無事、キスしてくっつくまでを描いたお話です。

改めて読み返してみると、この「恋かも・・・?ドキドキ・・・」という期間が、甘酸っぱくて初々しくて、蒼汰の親友くんもいい味を出していて、読んでて、キューンとなる作品でした。

高校生・・・・キスするまでが・・・キスすることが、こんなにハードルが高いとは!!

そういう初々しい男子高校生のラブを楽しめる作品です☆



ピュアすぎて、腐った私には眩しすぎた・・・


そして、その続巻のこちら・・・

「進展はない。」という前情報は入手していたけど、全く、進展しないことはないでしょー?と、興味津々だったんですが・・・

いやいやいや・・・・

蒼汰って、中学生だっけ?と、あらすじを、見返したわ!!(←高校生でした)

いやー・・・もうね・・・

蒼汰が、むっちゃ、ピュアなんですよ・・・奥手?おぼこい?

綾瀬くんが、ちょっと、ベロチューをしただけで・・・

「気持ち悪い」と、真っ赤になって、突き飛ばしちゃうような子なんですよ!!

保護者不在の家に遊びに来て、それは、ないわー・・・蒼汰・・・

「付き合うってどういうこと?こんな気持ちになるなら、友だちのままでいたほうがよかったんじゃない?」

ピュアで純情な蒼汰は、綾瀬くんと自分では経験値も違うし、次のステップに進むタイミングに感情がつていかないし、いろいろ、悩んじゃうんですよね・・・

いやー・・・汚れていない蒼汰の真っ直ぐさが、腐った私の目には、ひたすら眩しいわ・・・

でも、リアルで10代で初めての恋人ができたときって、こういうものなのかもしれません。

年上の経験者に、わけがわからないまま流されちゃうのもBL的にはアリだけど、ちゃんと、心の準備が整ってからステップアップしていくのも、わたし的にはナシではないかなー?



蒼汰のおぼこさに付き合う綾瀬くんを尊敬しちゃう


「藤沢(蒼汰)のイヤがることは、もうしない」宣言をする綾瀬くんが、ほんま、オットコマエー!!

ゆっくり、蒼汰のスピードで進展していくふたりなんですけど、綾瀬くんは、煩悩でいっぱいっぽいのよー

蒼汰のことを見つめる目がとってもやさしくって、「蒼汰にメロメロ」なのがわかるの

リアルだったら、こんなやさしい彼氏が、理想だと思いましたよ。

でも、これ、BLだからね・・・



この二巻で、手コキまでは、ステップアップしています!!







奥手の蒼汰にしては、すごい!!進展!!

読後・・・「もちろん!!このふたりについては、結合まで描いてくれますよね!!木下先生ーーー!!」と、掲載誌の「ihr HertZ」を覗いてみると、ちゃんと、続いていました・・・ふううう。うれしい❤

ぜひ、このふたりのスピードで、ゆっくり、関係を深めていってほしいです。

じれじれなBLだけど、お好きな人は、きっと、好きだと思います。

じれったさが大好きな人にオススメな作品かな!!


キスも知らないくせに

キスも知らないくせに

キスも知らないくせに

[著]木下けい子


スポンサードリンク








[ 2016/10/03 18:40 ] 【か】 木下けい子 | TB(-) | CM(-)

KISS BLUE 【木下けい子先生】

昨日の職場で、スピリチュアルのお話で盛り上がったという話を書きました。

実は、職場に、本気で「スピリチュアル」を勉強している子がいたんですよ・・・

「へー。そういうお勉強って、どうやってするの?」と聞くと

「日々、修行して勉強してます(^^)」

その場にいたスタッフ一同、爆笑!!

実に盛り上がったんですが、その子、有名な「スピリチュアル」の先生のところへも通っているって言うんですね。

「有名って、どんなふうに有名なの?」と聞いたら、著名人の名前をいくつかあげてくれて、そういう人たちが依頼してくるほどの力があるって言うんです。

わたしは、あまりその分野については詳しくないので

「え?視えるの?視えるって、守護霊とか?スピリチュアルってそういうことなの?」と聞くと

その先生には、相手の前世から、この世に生まれて、現在、そして、未来が、視えるんですってーーーー!!!!

ええーーー!!!

同僚の同じく40代女性が、「わたしも視てほしい!!」って喜んでいましたが、私は、横で青くなりましたよ・・・



前世の私も腐っていたらどうしよう・・・




そして、その先生には、わたしが腐っていることが、ひと目でわかるのね・・・。恐ろしい・・・
 




勉強中のその子も、いつか、それほどの力がほしいんですって!!

う---ん・・・

それ、まずいわー・・・。ヒッジョーに!!まずいわーーー!!笑!!




つまらない話が長くなりましたが、本日のレビューはこちらです。

昨日と同様、しっとりとした恋愛BLを読みたくって・・・!!

以前から、気になっていたこちらの作品をセレクトしました(^^)








キスブルー

キスブルー

キスブルー

[著]木下けい子

 
キスブルーII

キスブルーII

キスブルーII

[著]木下けい子



あらすじ→友坂が親友の野田に恋していると気づいたのは、ほんのちょっとしたことがきっかけだった。いつから好きになっていたのかはわからない。好きな人がいて、だけど、気持ちを告げることはできない。……親友だから。友情と恋愛。境界線ぎりぎりのラブストーリー。



ストーリーは、高校時代から友人関係だったふたりが恋人になるまでのお話。

攻めは、二股が平常運転のプレーボーイの大学生のメガネの野田くん

受けは、真面目でちょっと鈍感で繊細な、黒髪の友坂くん

性格も容姿も違うふたりの友情が、恋人までになるまでがじっくり丁寧に描かれています。

木下先生マジックで、身悶えするほどの切ない恋愛BLに仕上がっていました・・・!!


巻頭最初から、片思いじゃないの・・・

最初は、本気の友情関係っぽくて、リアルに、こういう大学生男子達いそうだねっていう感じなのね

それが、ある日、黒髪の友坂くんが自分の心に生まれたぐにゃりとした気持ちから、メガネの野田くんへの恋心に気付くんですよ!!

その恋心がいつからあったのか、友坂くん自身もわからないけど、恋心を自覚した以上、今までのように、友達として側にいるのがつらくなります

野田くんは、平気で二股しているような男だしね・・・




野田くんへの恋心が切なすぎてねー・・・

1巻の74ページの時点で、一度、本を閉じて、目を閉じ、心を落ち着かせましたよ・・・

(100ページにも満たない時点で!!この切ないモノローグはなんなんだーーー!!って!!)



「友情って便利な言葉だ」 



このマンガには、終始「友情」 という言葉が、重く使われるんですね

「友情」という言葉の中に含まれる信頼、情愛、共感。時に、自己犠牲を払い、相手を助けたくなるほどの強い感情。

それはね、とてもとても、恋に似ています。

ただ、友情と恋愛の大きな違いは、相手と体を交じ合わせるか否か・・・
(あ!!セフレという関係もありますが、このふたりには、そういう軽さがないと思ってくださいね・・・)

なのに、野田に恋心を抱く友坂くんが、「お前、俺をセックスしたいと思うか?」と、野田の反応を確かめるシーンがあるんです

メガネの野田くんは、タバコ片手に、ちょっと考えるんですよ

そして

「どうしてもっていうなら、友情 の力で一回くらい」って答えるんですね

もう・・・

このシーン・・・

痛い・・・


自分の放った言葉で恋心を砕こうと思ったら、思いもがけず、「抱いてもいい」という言葉が返ってきてしまった・・・

もう・・・

そんなの・・・

諦められないじゃないですかーーーー・・・・ 



「友情」が「恋心」に変化するBLって、多いでしょう?

どれも、読み応えがあるし、面白いんですけど、この作品ほど、じわりじわりとした変化を描いた作品は、久しぶりに読みました。


2巻には、短編がふたつ収録です。

ひとつは、27Pの答えがないままENDのアンハピもの

ひとつは、くっついた野田くんと友坂くんのその後です(^^)


エロ度は、期待せずに読むくらいが丁度いいと思います。

しっとりとしたBLを読みたい時にオススメの作品です。


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
本当、以前から、読みたかった作品なので、読後、すごい充実感です(^^)!!
[ 2016/01/28 11:20 ] 【か】 木下けい子 | TB(-) | CM(0)

いつも王子様が【木下けいこ先生】

小説「眠り王子にキスを」のスピンオフの漫画化作品です。

小説が未読でも、楽しめます\(^o^)/

いつも王子様が【通常版】

いつも王子様が【通常版】

いつも王子様が【通常版】

[原作]月村奎 [作画]木下けい子



あらすじ→アシスタントのリクエストでハウスクリーニングを頼んだエロ漫画家の朝比奈ことヒナの前に現れたのは、中学生時代の憧れの佐原先輩だった! かっこよくて、なんでもできて、でもちょっと意地悪で、そんな佐原が大好きだったヒナは、一大決心、転校する日、告白したのだ! でも、佐原の返事を待たずに告り逃げしてしまい……それから十年──再会は悪夢に!? 優しい顔の王子様は、実はとっても意地悪で★


20151118-2.jpg

ドSで、とても美しい王子様は




20151118-3.jpg

実は、エロ王子だったのです






2013年発行のコミックです!!

これを読むと、やっぱり、の◯太くんはジャ◯アンに愛される運命なんだな。と、いつも思っちゃいます

メガネをかけて、全然イケてないヒナ。

高校生の頃は、部活の先輩である佐原に、いじられ、からかわれ、イビられる存在で

そんな扱いを受けているのに、ヒナは、かっこいい佐原先輩に胸キュンしてるんです

そして、転校するのを機に、コクリ逃げをしちゃうんですね。

そして、10年もたってから、エロ漫画家(←ヒナ)と、ハウスメイドサービスの作業員(←佐原先輩)として再開するのです

10年たっても、相変わらず、イケてないヒナは、ハウスメイドとして働く先輩に、やっぱり、胸ときめいちゃうんですね

そして、先輩は、10年たっても、ヒナのことを、いじめる。いじめる。

壁ドンして、エアコンクリーンキャンペーン契約をさせ

チクビを責め、水回り徹底お掃除キャンペーンの契約をさせ・・・

契約のために、ヒナの純情を利用するとは!!

なんつー、非道さ。なんつー、下劣さ・・・!!

でも、それが許されるのは、先輩が王子様のようにかっこいいから♥

ヒナは、先輩の笑顔にメロメロで、いいカモ扱いされても、全財産貢いでもいいって思っちゃうんですよね

と・こ・ろ・が・・・!!

先輩は、ヒナのことを、いいカモ扱いをしていたわけじゃないんですよ・・・




「ヒナが最初に告ってくれたときに、つきあっても うまくいってなかったと思う




今だから、楽しめる関係ってあると思わない」






もう・・・

先輩!!

そんな告白されたら、きゅん死しちゃいます・・・わたし!!




10代だと、受け入れられなかったことが、大人になった、今なら、受け入れられることってあるじゃないですか

タイミングってあると思うんですよ

このカップルは、出会いから、10年たった今だから

言いたいことが言い合えるステキなカップルになれたと思うんですね

先輩!!かわいいヒナを末永く、いじめて、愛して、独占してあげてください!!

あ!!エロレベルは、木下先生らしく、上品な感じの描写となっています(*^^*)

にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2015/11/19 13:32 ] 【か】 木下けい子 | TB(-) | CM(0)

ろくでなしと俺 【木下けい子先生】

今日は、秋晴れの日曜日・・・

お昼に、パートから帰ってくれば・・・

部屋の中が、散乱状態・・・・

部屋の真ん中には、掃除機がドーン!!

用意してたお昼ごはんには手をつけていない・・・・

「?」

そして、何があったか聞こうにも、だんなと娘は、どこかに行っていません・・・・?

一体、私がパート中に何があったんでしょう~?

わかんないけど、これ幸いにと、ブログを更新させてもらおう~!!



ろくでなしと俺

ろくでなしと俺

ろくでなしと俺

[著]木下けい子





あらすじ→学生時代の同級生・美里と、街中で偶然再会した北方。
その後、妙に懐かれていつの間にか2人は同棲生活に。
そんな美里は現在スランプ中の小説家で、北方は『本が出せたらSEXする』と約束してしまう。それを糧に頑張る美里は・・・。



木下先生は大好きは作家さんなんですが・・・

この作品に萌えは、あまり感じなかった~・・・・(TT)

勝手に想像していた「ろくでなし」像と、違ってたからかなー

だとしたら、自業自得としか言えないねー・・・



この本に出てくる「ろくでなし」こと美里は、三十路間近で、定職につかず、家がないから、その日暮らしで、飲み屋で無銭飲食しちゃう、ちょっと、世間ずれしている男の子(っていえる年じゃないけど、そう言いたくなる容姿なんだもん・・・)

そんな美里と15年ぶりに、街で再会した北方。

懐かれちゃって、押しかけられ・・・・

「ここに置いてよぅ 俺 なんでもするから」という美里に

「何でもって何が出来るんだ」と尋ねれば・・・・

「ケツ貸せるよ♥ 自信あります」 




常識人、北方は、丁重に辞退するものの、結局は、美里に絆されて、一緒に暮らす状態に・・・・

すると、美里は、定職にこそついていないものの、スランプ中の物書きであることが判明~

「好きになっちゃった。北方が俺を抱いて 天国見せるよ」

積極的な美里に、何度も流されそうになりつつも、瀬戸際で、押しとどまっていたんですが・・・・

結局、美里が、無事、本を書き上げたことで、ベッドイン♡




が・・・ 




あれ?美里くん・・・・






抱かれて、北方に天国、見せてくれるんだよね・・・・





・・・・・





抱く方になってるじゃん・・・・





なんと、ここまで「抱いて」と、煽っといて、美里が攻めだったのです・・・・




北方も、ノンケなんだから、あっさり、ケツ貸すなよ・・・




と、心でつぶやいたのは、私だけ・・・?



逆転する(リバ)展開も期待したのですが、最後まで、美里が攻めでした・・・・・




「自信あるよ」だなんて、どの口が言う・・・・と、心でつぶやいたのは、私だけ・・・・?



それでいいのか?北方???と思ったんだけど・・・



描きおろしを読んで思ったのは・・・・

美里はペット的生きものだよね・・・・

家事ができず、定職につけず、いつも、ニコニコ、北方の側にいて、帰りを待っている

そんな美里に癒され、ケツを貸す北方

ある意味、お似合いのカップルなのかな・・・


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2015/09/27 14:53 ] 【か】 木下けい子 | TB(-) | CM(2)

キスも知らないくせに 【木下けい子先生】

キスも知らないくせに

キスも知らないくせに

キスも知らないくせに

[著]木下けい子


あらすじ→高校一年生の藤沢蒼太は、ある朝、登校中の電車で痴漢に遭った。
というのは、蒼太の勘違いで、ラケットがあたっているのを痴漢だと思い込んでいたのだ。
それを教えてくれたのは、一ヶ月遅れで転入してきたひとつ年上のクラスメイト、綾瀬千洋だった。
最初はぎこちなかったふたりだけれど、少しずつ距離が縮まっていき!?
どきどき、不安、やきもち、誰かを好きになる「恋」がつまった物語、誕生!



気持ちがあふれたらそれは恋だと思った  

みなさんの口コミで「キュン」の文字が踊っていたんで、レンタ!さんで読みましたー!!

題名から「もしかして物足りないかなー」って、思いつつ読んだんですが・・・

うふふ・・・

確かに、高校生男子の恋を自覚するまでが丁寧に描かれていて、初々しい、もどかしい青春に、キュンを頂きましたー!!

1

小さくてかわいい蒼太が、赤くなる度に、かわいくて、たまりませんでしたヨ・・・

(ええ・・・。もう、オバちゃん的に、こんなかわいい息子がほしいです)



蒼汰が、綾瀬の同居している「いとこ」の存在に、無自覚で嫉妬しちゃったり・・・

逆に、綾瀬も、蒼太の幼馴染の親友の存在が面白くなかったり・・・



「だって、誰かを好きになるじゃん。それって本当に恋愛の好きかどうかなんてどうやって解かんの?」

と、蒼太が、胸に芽生えた感情を「恋」と自覚するまで、グルグル思考に陥ったり・・・

「体育祭」というイベントに向けてのふたりの時間が増えて、徐々に接近していくところなどが・・・・

本当に、10代で体験するような出来事で・・・

お子ちゃまの「なんか好きみたい」じゃない、「あふれる好き」を自覚できるようなエピソードの数々が、40代的に甘酸っぱかったです。


いやいやいや・・・

木下先生、現役高校生でもあるまいし、こんなピュアな感情をマンガにしちゃうなんて、すごいな・・・と・・・


ふたりの住んでいる地域の名前は、これは、関西だよね・・・

「摂陵本山」は「摂津本山」で。

「八甲道」は「六甲道」だよね?

「北急電鉄」は「阪急電鉄」かな?

学校まで続く坂道とか、神戸近くの山側に向かうあのあたりの坂の風景ではないかと・・・

(じゃあ、神戸あたりが舞台かと思いきや、いきなり「蓮華谷」と、京都の地名が出てくるんだけど・・・。神戸にも「蓮華谷」ってところがあるのかな?)

身近にある風景らしきところが出てくるので、関西人には、身近に思えた作品でしたー!!


この作品、題名どうり「キス止まり」です(^^)

どちらが受けで、どちらが攻めかはわかりません・・・

でも、こんな初々しいふたりなら、きっと、初夜も、かわいい展開をしそうです。

(`ω´)ニヤニヤ


あ、ふたりとも、黒髪だから、作中、見分けがつかないコマがあった・・・

そこだけが、ちょっと、残念かな・・・?

木下先生の初々しい高校生ラブに、ぜひ、10代の頃のピュア時代にタイムスリップしてください♪


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2015/06/04 12:26 ] 【か】 木下けい子 | TB(-) | CM(0)

由利先生は今日も上機嫌&由利先生と愛しき日々【木下けい子先生】




由利先生と愛しき日々

由利先生と愛しき日々

由利先生と愛しき日々

[著]木下けい子



あらすじ→創幻堂出版に勤める編集者・六車君の担当は我が儘で気紛れで、だけど才能溢れるミステリ作家の由利京一郎。
真夏に焼き芋を、真冬に西瓜を所望されても、たとえいきなり刀を突きつけられても、尊敬する由利先生の作品のためならと今日も今日とて奮闘する六車君だったが、恋にはとんと奥手で……純情可憐な六車君と気難し屋の由利先生の波乱万丈な愛に溢れる日々


「上機嫌」が、2008年出版・・・

「愛しき日々」が、2009年出版です(^^)


ハイ!!これキター!!!  


オトコですが、ヨメになりました系!!

愛情表現が屈折した攻めは大好物だー!!

その屈折した愛に健気に答える受けのかわいさもサイコーだー!!




2冊通して、信頼関係が深まっていく、エピソードの数々に、胸キュンしちゃいましたよ!!!

時代設定は、戦後ということで、ちょいとノスタルジックなキーワードが出てくるんですが、それも、作品のゆるい空気感と相まって、よかったです。






ミステリ作家の攻めの由利先生は、戦争中、軍医だったそうで・・・

臆面もなく、「何事も女性とより、同姓と経験する方が早かったからな」と言う・・・

男女関係なく幅広い経験を重ねてきた先生で・・・

六車君がいないと、「つまらん」を連発するわがままな先生です。



六車くんは、とても仕事熱心で、先生から原稿をもらうため、甘栗を買いに走ったり、、くず餅を買いに走ったりと、何事にも一生懸命・・・

先生の小学生のようなわがままの数々に振り回され、

時に、忠犬のようなキラキラした目を見せてくれたり、

方言丸出しで怒り出したり・・・・

本当、魅力ある受けでしたー!!



「愛しき日々」の方では、当て馬的存在が出てきて、その当て馬も、由利先生とやたらと張り合う不思議ちゃんで、微笑ましかったです。

この巻では、素直になれない由利先生と、嫉妬して担当をやめると言い出す六車くんに、ハラハラしましたが・・・

由利先生の婚約者も義母もいい味を出してくれて・・・

最後は、無事、収まる所に納まりました♪

ふたりのナチュラルな愛情を2冊通して、感じられました。

エロは、標準装備レベル・・・(だと思う・・・)

でも、桃の味見のキスシーンとか・・・

こういうあまーい愛情表現、私は好きですねー!


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2015/05/18 12:27 ] 【か】 木下けい子 | TB(-) | CM(-)

月光坂の花屋敷-春/秋-【木下けい子先生】

月光坂の花屋敷 春

月光坂の花屋敷 春

月光坂の花屋敷 春

[著]木下けい子



月光坂の花屋敷 秋

月光坂の花屋敷 秋

月光坂の花屋敷 秋

[著]木下けい子



あらすじ→月光坂の花屋敷に暮らすのは、
子どもがいながら男に抱かれるのを好む大人の男と、
その男に片想いする男。
そして、そんな男に恋している少年。
三人の想いが複雑に絡み合いながら、
求めるものは──…

花に囲まれた屋敷で、時間が流れだす。


木下けい子先生の描く繊細なタッチの絵が大好きな海ホタルです。

こちらの作品は、「春」が1巻。「秋」が2巻という流れです(^^)

主人公(←30代の淫乱系男子)の受けは、妻と離婚していて、息子がいまして・・・

で、その受けの5歳年下の攻めは、受けにずっと恋心を抱いていて・・・

ついでに、片思いなのに、カラダの関係だけは、持っていて・・・

さらに、その攻めが好きという受けの息子がいまして・・・・

はい・・・

そんな三人が、一つ屋根の下で暮らしております・・・



30代で息子もいるのに、相手かまわず、男に触られただけで欲情しちゃうという主人公の受け・・・

過去の出来事を、引きずって、攻めの愛には答えられないと言うのに・・・・

同じ唇で、自分が欲情すれば、攻めを誘う言葉を囁く・・・

そして、エロいカラダで攻めの心を離さない・・・

読んでいて・・・




まじで、この受け、ずるいよなー・・・




と、思いました・・・・

確かに、主人公の受けが持つ過去の出来事というものが、人が一人死んでいるし

当事者である主人公や、その奥さんの背負うものは、すごく、ドロドロしているので・・・

受けなりに、色々、悩んで、攻めの愛は受け入れられないという部分を理解したい気持ちもある

しかし、攻めは、カラダだけ求められるなんて、本当、生殺し状態・・・

好きな相手と、心が繋がっていないSEXをする・・・

はあああ・・・

なんか、すごく、せつなくない?

攻めが、受けのことを「どM」と称するシーンがあったけど・・・・

いやいや、あなたも、かなりのMだよ・・・と、思った・・・


こんな流れで、ハッピーエンドまで漕ぎ着けられたのは

攻めが、ずっとあきらめずに受けの側にいたから・・・

(その間も、受けは、いろんな男と浮名を流していたのにさ!!)

受けの息子から、告白された時の対応も、すごく、大人で立派だった・・・



振られた息子の方が、人間的に、親より大人だったから・・・

ぜひ、続編を求む!!


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2015/05/11 12:34 ] 【か】 木下けい子 | TB(-) | CM(-)

今宵おまえと【木下けい子先生】

ちょっと、木下けいこ先生にはまっている海ホタルです。

先日、「幾千の夜」のレビューを書いたところなのですが、本日は、こちらの本のレビューを書きます。

今宵おまえと 一章

今宵おまえと 一章

今宵おまえと 一章

[著]木下けい子



今宵おまえと 二章

今宵おまえと 二章

今宵おまえと 二章

[著]木下けい子



今宵おまえと 最終章

今宵おまえと 最終章

今宵おまえと 最終章

[著]木下けい子


あらすじ→西島陸郎にはずっと好きな相手がいた。十年来のつきあいになる、親友の和久井保孝だ。男同士だから、親友だから、いつかそのうち可愛いお嫁さんをもらって幸せな家庭を築くはずだから―― そう思って、自分の気持ちは押し殺してきた。それなのに、後輩の泣き落としに流され、男と寝たと飲みの席で保孝本人から聞かされる。それなら相手は自分でもいいはずだ、陸郎は保孝を自分のものにする決意をするのだが!?


これね、

よかったわー・・・
 


攻めがあきらめずに、何度も立ち上がりがんばって

で、くっついた途端、逃げ腰になる所が、まさに「恋愛」だったわ。

主人公は、10年も思っている相手がいるんだけど、思っているだけで、告白もせず、友人として側にいれればいいいと思っていたわけ・・・

いわゆるヘタレ攻めなのよ。

ところが、その相手が、会社の後輩に泣き落としで、あっさり、体だけ関係を持っちゃったことで

ショックを受け、10年温めてきた気持ちを、バーッと出すことを決心しちゃうの

で、10年分の愛をぶつけるんだけど

振られてもあきらめず

ヘタレなりに、カッコ悪かろーが

何度も何度も、頑張っちゃう所が、よかった!!




受けもさー、

ショックだよねー

10年間、友人だと思っていた相手が、いきなり、告白

相手の下心にビビり

キスされ、手コキされ・・・

でも、この受けも、攻めの気持ちに薄々気づいていたって設定があって

そこが、なんか、リアルでよかった・・・

そういうことって、誰でも覚えがあるよね・・・?

「あ、こいつ、私のこと好きなんだろうなぁ。でも、友人としてはいいけど、恋人としてはムリー。気づかなかったことにしよう」ってこと・・・

あ・る・よ・ねー!?

くっつくまでは、押されている感たっぷりなのに

くっついた途端、嫉妬したり、グルグルしたり

なんか、リアルにかわいい男子でしたよ(^^)



でもさー

10年友人で、体を重ねるって、絶対、恥ずかしいよね・・・

その恥ずかしいって、気持ちも、セリフと絵で伝わってきて

読んでいるこっちも恥ずかしかったわ・・・・

あはは


朝、初めてお泊りした翌朝の、寝起きのコーヒーと新しく用意されたパンツ

なんか、キタわぁ・・・

好きな人のことを思って

未来予測して

浮かれたり、凹んだり、準備したり・・・

はたから見ると、本当、恥ずかしいんだけど・・・

でも・・・

そういった、恥ずかしさも含めて、

本当「恋愛」って、素敵だよね・・・

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
[ 2015/02/12 10:05 ] 【か】 木下けい子 | TB(-) | CM(-)

幾千の夜【木下けいこ先生】

今週は、子供のイベントが目白押しで、忙しい海ホタルです・・・・

ああ・・・

読みたいBLコミックが、目の前にあるのに、読めない・・・

つらいです(T_T)

*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・゜・*

じわじわくる作家さんといえば「木下けいこ」先生などいかがでしょうか?と、おすすめされ、読んでみました~(^^)

[著]木下けい子


あらすじ→厳しい父親のもと育った宙には、とても大切な人がいた。隣の家に住む年上の幼なじみ、哲弥だ。嬉しいことがあった日も、悲しいことがあった日も、どんなときもそばにいてくれた。でも、宙が成長するにつれ、ふたりの時間は変わり始める。宙が哲弥を意識し始めたとき、哲弥もまた宙に抱いている欲望に気づいてしまう… 


どれから読もうか迷ったんですが、レンタ!で立ち読みしまくり「幾千の夜」全3巻から入手!!

読みました(^^ゞ






うおー!!






じわじわキマシタ!!
 




名称未設定3


木下先生の繊細なタッチで描かれる絵が素敵すぎます!!

幼馴染みの切ないBL系ストーリーとしては、あるある設定なんだけど、寄っては離れ、寄っては離れするのが、なんか、じわーんとよかった・・・・

すごく天然なのに、自立しようと頑張る健気な受け

受けのことを思うが故、未熟さから離れてしまう攻め

幾千の夜を超えても、お互いを思う気持ちを捨てきれず、悩み傷つき求める姿が、素敵だと思いました。




最後の最後は、天然の受けが、一途に諦めずがんばる姿にジーン・・・






まさに「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」・・・・





(あ、分かる人だけわかって下さい・・・)



恋には、あきらめない心が大事ですよね


ただ、攻めが、受けとうまくなったからといって、元カノとヨリを戻そうとするのは、いかがなものかとは思いました。

寂しくなったら、他の手をとることもあると思うんだけど、そこら辺、もうちょっと、深く描いてくれたら、一層、よかったかも・・・


薦めてくださった、通りすがりさん、ありがとうございました

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
[ 2015/02/09 17:56 ] 【か】 木下けい子 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

海ホタル

Author:海ホタル
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

このブログは現在、不定期更新となっています。現在、コメントの受付はおこなっていません。よろしくお願いします


※免債事項
当サイトに掲載された情報を利用される場合は、自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は、責任を負いかねます。予めご了承ください。

★メインブログはこちらから★ 今日何ときめいた
カテゴリ
renta!ランキング
アマゾン「BLコミックランキング」
アマゾン「ノベルズランキング」
おすすめ電子書籍ストア
随時キャンペーン実施中!お得なキャンペーンを探してね!

蔵書数が最大級の電子ストア!!

全ての作品が立ち読み可能!!48Hレンタルキャンペーンなどお得に読める情報がいっぱい!

魅力の読み放題機能が充実!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。