40代主婦がBLにはまりました

人生半分終わった主婦がBLにはまりました。ボーイズラブの類にご理解のない方はご遠慮ください。時に下品なブログです。ネタバレ有りです。お気をつけてください。
2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

災厄は僕を好きすぎる 6巻【二宮悦巳/原作:神奈木智】



今月の新刊情報の記事をアップしたときには、まだ、書影がでておらず、どんな表紙になるか、ドキドキしてたんですね!!

本屋で見つけて、キューンってきた!!

かわいー!!かわいー!!あまいわー!!!ムフフ!!

発売を楽しみにしていた「災厄は僕を好きすぎる」の6巻です!!

では、レビュー行ってみましょう!!

スポンサーサイト
[ 2017/02/25 17:34 ] 【な】 二宮悦巳 | TB(-) | CM(-)

災厄は僕を好きすぎる 5巻【二宮悦巳:原作/神奈木智】



大好きな「厄災は僕を好きすぎる 5巻」の取扱が、レンタ!さんで昨日よりスタートしています!!

レビューを書くタイミングを失っていて、6巻の発売に合わせて、一気にレビューを書こうと思っていた作品なんです。

6巻の発売が今月なので、それに合わせての配信なんですかね?

1~4巻のレビューは、また、機会があれば、後日にでもアップしたいと思っていますが、とりあえず、配信スタートした5巻のレビューをアップしたいと思います!!
[ 2017/02/01 13:00 ] 【な】 二宮悦巳 | TB(-) | CM(-)

毎日晴天!「花屋の二階で」【二宮悦巳先生】

これで、「毎日晴天!」シリーズの記事は、最後です(*^^*)

帯刀家総ホモ化を目指し、最後に白羽の矢がたったのが「次男 明信」

20151218-5.jpg
明信:下に弟ふたり、上には兄と姉。上の兄と姉が、やさぐれていたりヤンキーだったことから、おのずとしっかりものへと成長していしまった苦労人。やさしくて、芯のある男子。

実は、私、シリーズの中では、これが一番、好きです

兄弟の中でも、一番の常識人の明信が、ホモ海流にのってしまうという・・・

しかも、しょっぱなから、布団の中でハダカ状態で、すでに事後という・・・
(兄夫婦(笑!!)がまだ、致してなのに、展開が早いぞ!!)

それも、おつきあいがあったわけでなく、どうも、その場の流れに身を任せちゃった結果らしい・・・



ええ!!あの、しっかりものの明信くんが!! 


しっかりものの優等生が、恋に堕ちていく様は、ほんま、たまりませんな・・・

お相手は、近所で花屋を営む年上の龍。

歳の差、かなりあるカップルでございます

龍が、明信が生まれた頃の話とかするんですよ・・・

生まれた頃を知っている相手に欲情できるなんて!!

うわー・・・ケダモノめ・・・

もう!!このスケベ!!

明信は、兄弟の中で、一番いい子で、一番心が大きい子なんですけど、実は、他の兄弟に似ていないと気になっているんですね

他の兄弟が持っているものを持たずに生まれてきてしまったと、疎外感を持っているの

そういう明信の内面を無意識に察している、大河は、明信に踏み込めず、それが、一層、明信の孤独を深めていくのね

そして、一家の家事をすることで、自分の居場所を作ってきたのに、その役目を、兄嫁である秀に譲ってしまい、一層、家での立ち位置がわからなくなっているんです

単純に甘えさせてくれる誰かを求めていたら、そこに現れたのが龍なんですね

事後の後、正式にお付き合いするわけでもなく、お互い事故ということで忘れようとなるんですが、龍は不安定な明信を放っておけない

そして、龍にも、忘れられない過去があって、実は、龍も、それに、苦しめられているんです

心に大きな穴を持つ物同士が、寄り添い、慰めあっているうちに、それが、恋に変わっていく様が、見事に描かれていました

読みごたえがあったよ。

常識人、明信のホモ海流行きを反対する兄弟たちの愛も面白かったです!!

レンタ!さんでは、こちらは、配信されていないのが残念ですね・・・


シリーズ総じて思うのは・・・

攻めは、ちょっとしたやんちゃくれで、時にわがまま。横暴。でも、一途で、思いやりのある男

受けは、優男系で、見た目もかわいく美しい。内面に抱える悩みがありつつも、大きな愛で攻めを受け止めているって感じかしら・・・


小説のほうが、もっと巻数重ねているのかな・・・

すごく、気になる所ですね!!

花屋の二階で 毎日晴天!5

花屋の二階で 毎日晴天!5

花屋の二階で 毎日晴天!5

[著]菅野彰 [画]二宮悦巳



にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2015/12/21 19:07 ] 【な】 二宮悦巳 | TB(-) | CM(0)

毎日晴天!「子どもは止まらない」「チルドレンタイム」「子供の言い分」【二宮悦巳先生】

巻数がわからない「毎日晴天!」シリーズ・・・

私も、読むとき、どういう順番が、わざわざ検索しましたよ

・毎日晴天! 全2巻
・子供は止まらない 全2巻
・チルドレンタイム 全1巻
・子供の言い分 全2巻
・いそがないで 全1巻
・花屋の二階で 全2巻

こういう順番です(*^^*)

これから読む方は、ぜひ、参考にしてね!!

こちらの「子どもは止まらない」「チルドレンタイム」「子供の言い分」は、勇太と真弓のストーリーです。

20151218-3.jpg
勇太:岸和田で生まれ育つが、荒んだ家庭で育ち、当たり屋の初仕事で秀と出会う。その後、紆余曲折を経て秀の養子となり、帯刀家に、秀と一緒に移り住む。オラオラ系男子。執着質な攻め。

20151218-4.jpg
真弓:帯刀家末っ子。4歳の時に、両親が亡くなり、他の兄弟に溺愛され育ってきた。時にわがまま。時にキュート。かわいい容姿が魅力的なちょっと小悪魔が入っている高校生男子。



3作出てるってことは、このカプが一番人気だったんでしょうかね?

ふたりがくっつくまでを描いた「子どもは止まらない」

真弓が「ずっと一緒にいる」という勇太の言葉が信じられない「チルドレンタイム」

勇太が、自分と育った環境が違う真弓と別れ岸和田に帰ると言い出す「子供の言い分」


3作通して、ふたりの絆が、括弧たるものになっていくので、かなり、読み応えがありました。

ふたりがくっつくまでを描いた「子どもは止まらない」が、私的に面白かったかな・・・

真弓の家と学校での二面性に疑問を抱いた勇太が、真弓の本当の顔を見たくて、必死になるのね

真弓は、「よけいなことしないで!!」と、勇太に食って掛かって、いつものかわいい「まゆたん」で、いられなくなる

小さなウソを重ね、みんなの前で、上手に立ちまわっていた真弓は、勇太にだけ、ウソが通じないことに気付くの

真弓の中にある汚い感情を、勇太がまるごと貰いたいと言うシーンは、とても、よかったです。

このカプは、くっついた後、ラブラブの熱愛カプになって、見てて、ほんま、微笑ましいの

教室でナチュラルにチュってするシーンとか、ほんま、かわいい!!

でも、それでは、マンガにならないからさー

揉めるのね・・・

ふたりとも、バカップルでいれば幸せなのに、育った環境のせいか、ちょっとした言葉がきっかけで、繊細なハートが痛み出すみたい・・・

それを描いたのが、「チルドレンタイム」「子供の言い分」

ふたりが体を繋ぐのは「子供の言い分」です。

最後までするのを怖がっていた真弓が、勇太へ愛を与えたくて、伝えたくて、自分から、体をつなげようとがんばるシーンが、良かったですよね

かわいい末っ子の「まゆたん」が、勇太のことを追いかけ家出しちゃうのも、なんか、胸に来ましたよ。

まあ、このふたりは、ほんま、ラブラブカップルなので、末永く幸せになってほしいです。

やっぱり、小説がもとになっている分、心理描写の部分は、読み応えがあるよー
子供は止まらない 毎日晴天!2

子供は止まらない 毎日晴天!2

子供は止まらない 毎日晴天!2

[著]菅野彰 [画]二宮悦巳



子供の言い分 毎日晴天!3

子供の言い分 毎日晴天!3

子供の言い分 毎日晴天!3

[著]菅野彰 [画]二宮悦巳





にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2015/12/21 13:43 ] 【な】 二宮悦巳 | TB(-) | CM(0)

毎日晴天!【二宮悦巳先生】

ふううう!!

ようやく、読破したしたよーーー!!

「毎日晴天!!」シリーズのコミカライズ版!!

今、新装版が本屋さんに並んでていて、そのシックで美しい表紙を何度手にしたことかしら?




二宮先生の画、昔から好きなんですよねー(ええ・・・。それこそ、20代の頃から・・・)

味のあって個性的なクセが魅力的ですよね。

画が好きなのに、今まで、未読だった理由は・・・

このコミック・・・

登場人物が多いんだもん・・・

いわゆるホームドラマ系登場人物総ホモマンガ!!です!!



20151218-1.jpg
帯刀 大河(おびなた たいが)
帯刀家長男。SF雑誌の編集者で秀の担当。両親が死んでから、ヤンキーな長女と一緒に帯刀家を支えてきた。
高校時代の同級生だった秀に淡い恋心を抱いていた。


20151218-5.jpg
帯刀 明信(おびなた あきのぶ)
帯刀家次男。大学院生。両親の死後、元ヤンの姉と、やさぐれた兄が無茶苦茶だった時期も、唯一の常識人として、子どもながらに、弟達の面倒を見た。家族の中で、自分だけ誰にも似ていないことを気にしている
やさしさゆえに自分の感情を抑える性格で、それが、複雑な内面を持つ大人へと成長した。



20151218-6.jpg
帯刀 丈(おびなた じょう)
帯刀家三男。ボクサー。唯一ホモじゃない人。頭に血が登りやすいタイプで、家族思いの熱い心を持つ青年。


20151218-4.jpg
帯刀 真弓(おびなたまゆみ)
帯刀家末っ子。高校生。呼称は「まゆたん」。まだ幼い時に両親が亡くなったため、他の兄弟から溺愛されている。
かわいらしい容姿から、幼い時は、長女に女装をさせられていた。近所の幼なじみも、彼のことを「おんにゃのこ」だと思っていた.

高校生になった今でも、幼なじみの男の子たちに、大事に扱われている。
家では、何一つ自分ではできない甘えたさんで、学校では、人気者の男の子という二面性を使い分けている


20151218-2.jpg
阿蘇芳 秀(あすおう しゅう)
大河の高校時代の同級生で、現在は作家。高校生時代、大河に、恋心を持っていた。祖父母に育てられたため、大河の家に憧れのような感情を持っている。
大学教授の遣いで訪れた岸和田で勇太と出会い、勇太を養子に迎えた。


20151218-3.jpg
阿蘇芳 勇太(あすおう ゆうた)
旧姓は信貴(しぎ)。真弓とは同級生。幼少時、荒んだ家庭で育ち、10歳のころ、当たり屋をして稼ごうと秀の車に突っ込む。
その後、紆余曲折を経て秀の養子となった。




ふうううう

登場人物を書きだすだけで、たーいへーん!!

1-2巻の「毎日晴天!」は、この中の

大河と秀♥♥♥♥

この二人にスポットがあたっています(*^^*)

この二人、高校生時代、お互い、淡ーい恋心を抱いていたんですが、一線を超える勇気がなく、高校卒業と共に、離れ離れになります。

秀は、関西の大学に進み、作家業に。大河は、編集の仕事に就き、大河は、自分の雑誌に秀をひっぱってくるの。

ちぎれた糸を、もう一度結び直したふたりなんだけど、ある日、帯刀家のチャイムが鳴って、玄関を開けると、関西にいるはずの秀が立っているのね。

で・・・

「姉婿にきました」
って、言うわけですよ!!



大河は大パニック!!

そんな前フリ、一切聞いてないし!!当事者の姉にあわてて連絡をとるものの、姉は、初夜もほっぽり出し、南米へと失踪!!

好きだった相手が姉の婿だなんて、とんでもない!!と、秀を追いだそうと必死になるんだけど

秀は、「絶対、出て行かない!」と、帯刀家に居座っちゃうのよね・・・

他の兄弟も巻き込んで、「出て行け!」「出て行かない!!」の大騒ぎ!!


二人の高校生時代の話を知っても、ナチュラルに受け入れている兄弟たちの、懐の大きさは、まさにマンガといえる流れだし、ご近所の方々も、秀のことを「姉婿」じゃなく「兄嫁」扱い!!

そういう、愉快なドタバタホームコメディです。

しかし、小説が元になっているだけあって、登場人物、みなさん、とっても、複雑な内面の感情をお持ちなの

その部分が、読み応えがあるといえる部分なんだけど、コミックでは、その繊細すぎる感性に「?」な部分も・・・

私が、最も「?」だったのは、秀が、姉婿になろうとする部分だよね・・・

ちゃんと、その辺の理由も描かれているんだけど、だからといって、好きな相手の姉の婿なんかになっちゃたら、同じ屋根の下、切ないだけだと思うんだけどな・・・

でも、この秀は、「恋人」よりも「家族」の方が、ウエイトが大きい人なのね・・・

「恋人」より「家族」にウエイトの重きを置いちゃったら、それは、BLじゃなくなっちゃうよね・・・

その証拠に、大河と、最後は、無事、くっつくんだけど、このふたり、最後まで、致していません!!

かわいくチューまでです!!笑!!

秀には、ドロドロした「欲」がないのだ・・・

色気のある秀が見たかったわ・・・

出版年を見ると、2000年出版なのね・・・

これは・・・

BLという言葉が出始めた頃ですね~・・・

当時のBLは、エロがなくても、BLなんだよね・・・

しみじみ・・・・

でも、出版から、10年以上たっても、色褪せない面白さの方にワクワクできました。

二宮先生の画は、かわいいし、家族思いの兄弟たちの姿にジーンときましたよ!!


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
なんと!!PCの調子が悪く、四度目の書き直し記事です!!涙!!
うう・・・・。モデムの調子が悪かったようです・・・
[ 2015/12/19 09:32 ] 【な】 二宮悦巳 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

海ホタル

Author:海ホタル
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

このブログは現在、不定期更新となっています。現在、コメントの受付はおこなっていません。よろしくお願いします


※免債事項
当サイトに掲載された情報を利用される場合は、自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は、責任を負いかねます。予めご了承ください。

★メインブログはこちらから★ 今日何ときめいた
カテゴリ
renta!ランキング
アマゾン「BLコミックランキング」
アマゾン「ノベルズランキング」
おすすめ電子書籍ストア
随時キャンペーン実施中!お得なキャンペーンを探してね!

蔵書数が最大級の電子ストア!!

全ての作品が立ち読み可能!!48Hレンタルキャンペーンなどお得に読める情報がいっぱい!

魅力の読み放題機能が充実!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。