40代主婦がBLにはまりました

人生半分終わった主婦がBLにはまりました。ボーイズラブの類にご理解のない方はご遠慮ください。時に下品なブログです。ネタバレ有りです。お気をつけてください。
2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

やさしいあなた…【西田ヒガシ先生】

西田先生の「やさしいあなた・・・」の配信がレンタ!さんで始まっています

ぶっちゃけ、かなり、よかったです!

幸せになることを諦めきれない大人のオトコふたりが恋に落ちるとこうなるんだろうな・・・と、すごく心情部分にリアル感がありました。

年を重ねたゆえにかかる恋のブレーキ。それでも、近づいていくふたりの熱量。

セリフを何度も何度も反復しながら、読ませていただき、かなり堪能させていただきました


あらすじ⇒仲間と酒を楽しんだり待ち合わせに使ったり……そんないつものBARで、飛び込みで歌う春本とデート中の水田は出会う。それから映画を観たりメールを送り合ったりと、中学生のような距離感と気持ちで逢瀬を楽しんでいた。互いに素性を明かせないまま、それでも会わずにはいられない二人。このまま夢の様な時間が続くよう願っていたが……?


やさしいあなた…

やさしいあなた…

やさしいあなた…

[著]西田ヒガシ




月9レベルのセリフの数々!!


ヤクザの春本は、非情かつ冷酷さを持ってヤクザの仕事をこなすんだけど、いつかはこの世界から抜け出して、海外でゆっくりとした生活を送りたいと願うロマンチストさも持ち合わせるオトコ。

アンハッピーエンドの映画DVDを見ながら、自分の人生もアンハッピーエンドのまま終わっていくという絶望感と、でも、どこかでハッピーエンドの物語もあるという希望の間を行ったり来たりしている。

もう一人の主人公の水田は、医者崩れのヤクザ者

ヤクザを後ろ盾に持ちながら、どこの組にも所属せず、企業と絡んで金を掠め取るようなこすい仕事をしていて、本来あるべき自分と、現実の落ちぶれた自分の間で揺らめいているような人間

このふたりが、とあるバーで出会い、お互い、別の相手がいるものの、なぜか忘れられない存在になる。

後日、このふたりは再開し、ドラマが始まるんだけど、そのエピソードがすごく素敵!!

お互いのバックボーンを何も知らず、何度も会い、どんどん心惹かれていくふたりなんだけど、実は、同じ物件の所有権を争っているカタキ同士なんですよね・・・

ふたりの距離がどんどん縮まっていくエピソードの数々が月9顔負けのドラマティックさで、腐りきった私は、読んでて、本当に恥ずかしかったんですけど、こんなドラマのような恋愛に憧れる部分も残っていて、そのウブな乙女心がかなり刺激されました。

甘い甘い「モナ・リザ」の曲をきっかけに出会うふたりなんだけど、こういう甘ったるいロマンチストな曲が似合う恋なんです。



ネコかタチかの空気を読む瞬間に萌えた!!


春本も水口も最初、体を重ねて欲を発散させるだけの相手がいるんだよね。

その時、ふたりともタチなの・・・

あ。攻×攻じゃん。このふたり・・・。どういうふうに、マウントポジを決めるんだろう?と思っていたんですよね・・・

そしたら、初めての軽くお互いの唇が触れる程度のキスシーンで、春本が、水口を突き飛ばして逃げるんですよね・・・

この軽いキスで、春本は「自分がウケ側」だと察するんですよ・・・

もうねー

これ、本当に、すごいなーって思いました

心から湧き上がるような予感なんですよね。きっと・・・

この相手に対しては、自分はネコ側だってキスひとつでマウントポジションが決定しちゃったみたいな・・・

オトコとオンナでも感じる、捕食される側と捕食する側という感覚

動物的な本能みたな感覚って、男同士でもあるんだと、本当に、感動しました

そして、この直後、走って逃げた春本が、自宅に帰り言うひとりごとのシーンも、キュンってしました・・・

タチばっかりのオトコが「ネコ」になるって、本当、いろんな意味で新鮮さや覚悟や、動揺や葛藤などの様々な感情が生まれるよね・・・



幸せになれるはずがないと諦めた大人に送りたいコミック


実は仕事の上では敵対する関係だったふたり・・・

そういう山場を超え、無事、体を重ねるんですけど、本当、素敵!!

狭くって、天井いっぱいまでの本棚に囲まれている部屋で、ガツガツ貪るようなエロシーンでさえ、キュンとした!!

エロシーンのあと、ベッドの中で、いろんな話をするふたりも、とってもよかったです。

幸せになれるはずがないと諦めていた大人に降ってきた恋

そんな恋をふさわしいラストは、アンハッピーエンド以外ありえないと、引き際にジタバタせず、美しいままアンハッピーなエンディングを迎えようとするふたり

でも、本当のエンドは、アンハッピーの向こう側にあるという、幸せなラストで締めくくられています

素敵な恋など自分にはもう訪れるわけがないと諦めた大人女子に必見のBLコミだと思いました。

出会いはどこに転がっているかわからない。諦めないで夢見ることが大事ということですかね・・・

スポンサードリンク







[ 2016/09/23 12:00 ] 【な】 西田東/西田ヒガシ | TB(-) | CM(-)

フェイス【西田東先生】

「自分の萌えは、他人の萎え」(はじめての人のためのBLガイド より)という言葉を知り

脳内ダダ漏れのブログを自重しようと反省した日もありましたが・・・

やはり、自分の心にウソはつけない海ホタルです。

西田東先生、初めて読みました

絵がね・・・

これは、わたし的に受け入れられないかもしれない・・・という不安要素が大きかったんですが

レンタ!さんのクチコミで、☆5つ評価で熱烈なコメが並んでいるんですよ・・・

ちるちるさんを覗くと、エピソード豆知識欄を覗くと

「本気で苦悩し、精一杯恋しようとようするオヤジを描かせたらBL界で彼女にかなうものはいない。」とあってさー

それに背中を押され、エイッ!!て、ポチさせていただきました!!


フェイス

フェイス

フェイス

[著]西田東



あらすじ→ブンバー王国の王子・ノーラの警護を担当することになった、警視庁のSP・桜田(さくらだ)。親日家のイケメンとの触れ込みだったが、出会った王子は若い男の子をはべらせたチャラくて胡散臭い謎めいた男だった。
過激派組織から命を狙われているにもかかわらず、ふざけた態度で桜田を振り回す王子。おまけにエロ質問や不意打ちのキスを仕掛けてきたりとセクハラ三昧! しかし時折、ただ者とは思えない鋭い視線を投げかけてくる。

この男、本当に王子なのか――? 次第に疑惑を持ち始めた桜田は、男の真実を探るべく動き出し……!?



やばい・・・・久しぶりに、いいイミでレビューが書きづらい作品がキタよ・・・

表題作に加え「愛はない」という作品が収録されています

「愛はない」方が、深く心にきたので、こちらから、レビューを書かせてもらいますね

チャラチャラしてて、どうやって生計たててんの?と思わせるゲイの小説家の友部と、彼の亡くなった従姉の息子、中学生の陽斗の話です

友部は、従姉の葬式で、仏頂面の陽斗と出会い、その場のノリで引き取るんですよ。

仏頂面のこいつを立派なオトナにしてやろうとか、そんな愁傷な考えは一切持ってない。

友部は、チャラチャラしてて、いい加減な大人にしか見えなくて、「お金。お金」と、片意地張ってギラギラに尖っている思春期まっただ中の陽斗に、彼氏との濡れ場を見られても、ヘラヘラしているんです。

自分で自分のことを「クズ呼ばわり」することで、弱い自分を守っている、とんでもなく不器用な大人のオトコなんです

仏頂面で思春期まっただ中の陽斗と、チャラチャラした弱いオトナの友部の共同生活が上手くわけもなく、すぐにケンカしてお別れとなるんですが

陽斗が出て行った後の友部の描写がね・・・・切ない・・・



「暗い熱い目をした少年は 男になって、どんな女を抱くのだろう」





友部は、陽斗の持つ真っ直ぐさや、若さに惹かれてて、羨ましくも有り、眩しくもあったんですよね

だから、意地悪になるし、フッと弱さを見せてしまう。友部はね、本当にダメな大人なんですよ



そして、10年後、陽斗が、青年になり、再び、友部のところへ戻ってくるところから、話は、急速に面白くなるんです。

いがみ合うふたりが、マウントを取ったり、取られたり
(あ、リバでした!!)

経験豊富な友部が、自分より年下の陽斗の攻めをコントロールしちゃうのが、ショーゲキでした

ラストが、モノローグなしで終わっちゃうのが残念だったな

この後の、ふたりを見たい・・・。

この作家さん、モノローグがね、匂わす感じの書き方するんですよ。

加えて、登場人物のセリフから、心情を汲み取らなきゃならないから、作品の奥は深くなるんだけど、私のように読解力が乏しいと、読み解くのが、大変でした!!



表題作「フェイス」は、「愛はない」ほどの深さはなかったけど、「入れて出すだけがBLじゃない」って、思いましたねー

どこで、お互い惹かれ合ったのかがわからなかったけど、これは、ジョーダンでキスしたのがきっかけと考えていいのかな?

西田東先生の作品は、これしか読んでないんですが、エロシーンはあれど、エロでトロトロになる描写が一切ないんだね

こうスポーツしてるの?的な、じゃれてるの?的なエロでした

そこに至るまでを楽しむ作品ですね

エロ重視の方には、物足りないと思われますが、深さを求める方には、ヒットだと思います


にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村
[ 2015/11/12 14:13 ] 【な】 西田東/西田ヒガシ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

海ホタル

Author:海ホタル
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

このブログは現在、不定期更新となっています。現在、コメントの受付はおこなっていません。よろしくお願いします


※免債事項
当サイトに掲載された情報を利用される場合は、自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は、責任を負いかねます。予めご了承ください。

★メインブログはこちらから★ 今日何ときめいた
カテゴリ
renta!ランキング
アマゾン「BLコミックランキング」
アマゾン「ノベルズランキング」
おすすめ電子書籍ストア
随時キャンペーン実施中!お得なキャンペーンを探してね!

蔵書数が最大級の電子ストア!!

全ての作品が立ち読み可能!!48Hレンタルキャンペーンなどお得に読める情報がいっぱい!

魅力の読み放題機能が充実!!